上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 前回からまた一年、メインのターゲットレース
 富士ヒルクライムの時期がやってまいりました!

 昨年は目標の70分切を果たして1:08:07。
 今回の目標は5分切り…と行きたいところですが、ヒルクライムの大先輩でも
 まだ5分は切っていなかったりして自分にはまだ届く領域ではなく。

 昨年のタイムを少しでも縮める、というくらいの曖昧な目標にて。
 体重を含め、コンディションはそこそこ整えての出走です。

  ギア :50-34、12-25
  体重 :55kg弱
  データ:edge800フリーズにより無し

 下山中にマップを表示していたらEdgeがフリーズして
 レースデータごとロスト。がっくし。
 平均出力は恐らく230w弱と思われます。3合目辺りで232Wでしたので。
 心拍はちらちら見ていたのですが、概ね170bpm付近で
 後半極端に落ち込むと言う事はありませんでした。
 集団なので脚を休められた事もあり、強度は維持できた感じです。

 体重は順調な減量で、55kgをわずかに切る程度でした。

 バイクはKOMに前後EC90SLX。タイヤはCronoEvoにて前後8bar付近。
 去年との違いはタイヤとコンポーネント。500gほどの軽量化です。
 タイヤは前日のパンクから不安いっぱいでしたが、下山まで無事にこなせました。

  2_original.jpg

【前日】
 昨年同様、じょうたさんの車にて15:00付近に現地入り。
 会場で受付を済ませつつ、チームメイトと顔を合わせたのち早速宿へ。
 かずいさんに6名一室で取っていただいていたのですが、
 皆さんより先にじょうたさんと代理チェックイン。
 何も考えていなかったのですが、受付時に「前払いです」と言われて
 二人で慌てて財布のお金をかき集めましたw

 皆さん宿でのんびりしたり会場でブースを巡ったりと言うところですが、
 自分は実走で前日アップをば。予備のホイールは無いのでEC90でそのまま
 スバルライン下の坂を4往復ほど・・・
 しようと思ったのですが、2本目を登ろうとしたところで後輪がブシューとパンク。
 米粒より小さい小石でチューブまで貫通しておりました orz

 修理用具を持っていなかったのでぺったんこのタイヤで走り、宿まで帰還。
 タイヤを貼り直しは夜に回し、かずいさんのクリンチャーをお借りして再度出走。
 無事に計4本こなせました。

 宿に帰る途中、会場ブースでGDRの貸し出しをやっていたのを思い出して寄り道。
 メテオランチに乗らせてもらおうとブースに乗り込むと、何やら聞き込みを行っている
 kobassoさんを発見w やっぱり興味ありですか。
 サドル高をKOMと合わせてもらい、SPD-SLペダルでの試乗ですので
 結構まともに乗れるシチュエーションです。
 ホイールはシマノのCL24-CLだったかな。タイヤは忘れました。

 会場の外まで出ても構わないとの事でしたのでまたスバルライン下まで行って
 ひーこら登ってみました。
 ダンシングは脚にガツンと来ず、適度な跳ね返りがあってリズムを作りやすい感じ。
 シッティングは良く分からない…。
 乗り心地は何だか地面との間に板を一枚敷いたような感触でしたが、
 これはホイール・タイヤの影響が大きいのかも。
 疲れにくそうでしたが、少々乗ったくらいでは良く分かりませんでした。

 宿へ戻りかずいさんにホイールを返却。
 さっきのパンクしたタイヤを交換せにゃーと言う事で
 剥がしに掛かりますが、普段剥がすのに使っている
 マイナスドライバーが無いのでちょい手間取り。
 …とやっているとかずいさんから、社長(tarowaxさん)に
 お願いしちゃえとのお言葉^^;
 それじゃあと言う事でECU陣営へのご挨拶も兼ねて一同ぞろぞろと。
 予備タイヤ引っ張り出したりで自分は遅れていったのですが、
 既に剥がし終わっておりました。
 tarowaxさん、ありがとうございます!

  7325994262_37bac252c7_b (800x600) (640x480)

 そんなこんなやっていると、夜も近づいてきて晩御飯の時間。 
 麓まで車で降りて近場のガストで済ませます。
 脂質はあまり気にせず鉄板焼き系のお肉をがっつりと。
 ここで黒こんぶさんも合流されました。

  7325994618_d702a396d9_b (800x600)

 宿へ戻った後は粛々とEC90のリムテープ剥がし。
 リム側にテープの糊が残っちゃうんですよね・・・。
 かずいさんが半分ほど進めてくれていたので30分程で一周しました。
 そして皆さんが興味深げに見守る中、新しいタイヤを貼り付け。

 ・・・の筈が、予備タイヤ用に持ってきていたリムテープが
 10cmほど足りない。どういう測り方してるんだ自分orz
 ヒルクライムだし足りなくても大丈夫かなぁ・・・?
 と半ば投げやりになってきましたが、
 黒こんぶさんが丸々一巻きリムテープを持ってきているとの事で
 そこから数センチいただく事に。

 実は夕食時にチューブラー予備タイヤの話から、

  黒「貼り替え用のリムテープも持ってきてますよ。カッターも。」
  し「一周分に切っておけば、テープだけでカッター要らなくないですか?」
  黒「あ、なーるほどー。携帯にもいいっすね。」

 みたいな会話があったのですが、見事にドツボに嵌ってますね自分w
 いやはや、、潤沢にチューブラーリムテープがあって助かりました。

 お風呂も順繰りに済ませ、この日は一同早めに就寝。
 当日は雨だったら走らないという意見が半数以上でしたが、
 皆さん案外きっちり寝るんですなー。
 結局一番最後に寝たのは自分でした。


【当日】

 目が覚めて外に出てみると、意外にも雨は降っておらず。
 前日の雨予報からするとにわかには信じ難い天気です。
 これはまともにレース走れちゃうかも?
 
 早速食事をすませ、荷物預けへ。その後アップ。

 スバルライン下は昨日パンクした事もありやめておき、
 北麓公園につながる坂でアップしました。宿の目の前の通りでもありますが。
 アップ・L3~L4・L4~L5・ダウンの計4本。
 250w以上がきつい感じがするけども、体重減もあるからこんなものかな?

 途中で「しばぞーさーん」と声が掛かり、振り返ってみるとK山主将。
 おぉ、Mt富士出るんだ!
 最近ブログをチェックしていなかったので知らなかった。
 ちょっとテンション上がりつつ、話しつつアップをば。
 ここのところ忙しくて乗れていないとの事ですが、目標とする人が
 同じレースを走ると分かっただけでモチベーションアップです。
 昨年出場していないのでウェーブは残念ながら別。
 第三ウェーブとの事でした。

 アップ後は会場まで行ってバイクを置きます。
 前回100番以内だったので、今回は自動的に第一ウェーブになります。
 ゴールドのゼッケンが目印。 
 何だか場違いな気がしてそわそわしていましたが、
 オヤジさんが見に来てくれてスタート前写真を撮ってくれた
 見送ったりしていただき、緊張が和らぎました^^

  4_original.jpg


【レース】

 今回は作戦重要。
 序盤抑え目に行きます。
 ・・・ヒルクライム何度目だよと突っ込まれそうな作戦内容ですが(汗) 

 2週間前には蔵王HCも走ったのですが結果は芳しくなく。
 序盤で先頭集団に食らいついたところ、開始5分程でスローダウン。
 残りの道中をFTPの40w減くらいのペースで走らざるを得ませんでした。
 帰りの車で大尉にも色々意見を貰ったのですが、現状では
 レースのドッカンスタートには対応できないだろうという結論。
 これには硬すぎるKOMのフレーム特性の話も入って来るのですが・・・

 とにかく、飛ばしすぎは禁物。
 計測地点以降はバシバシ抜かれる筈なので、脚の合う相手を探すべく
 パレードランではなるべく前に出ておきます。
 さすがにパレードから全力で踏んでる人は居らず、
 比較的自由に位置取りできます。

 料金所下の交差点を左折していざスタート。
 抑え気味に入りますが、やはり後ろから続々と抜かれていきます。
 第一ウェーブは50名かそこらしか居ませんので、
 流石にビリになるとマズイ(汗)
 料金所までは確か2分くらいですので、これくらいはしょうが無いと
 L5付近にペースアップ。一気に登ってしまいます。
 料金所付近で振り返ると、まだ後ろには数十人居るようでひと安心。
 前を見ると既に集団ぽいものが出来ています。
 先頭集団はさらにその先かな。今回はエキスパートレベルの人も
 同時スタートしているのでこの辺は気にせずに。

 流石にこのスタート方式だと脚の合う人が結構居ます。
 去年ゴールまでご一緒したニコンレーシングの方も見えました。
 (今回は調子が良くなかったのか、タイムを落とされた様です)
 一時間ある事を念頭にマイペースを貫きつつ、小集団の形成は
 成り行き任せです。引いたり、引いてもらったり。
 出力は240w付近を目安にします。
 一合目までは特に斜度が厳しいので、飛ばし過ぎ禁物。
 途中入る緩斜面は、ますらおさんからヒントを貰った早め踏み込みで対応。

 苦しすぎる事もなく、1合目を通過します。
 だんだん周りには落ちていく人が目立ってきました。
 同時に小集団も細切れになって来ます。
 自分も前も視界が開けてスカスカな感じに。
 ・・・ちょっとまずい。ここで単独走になる訳には。

 前方、大分先には大集団が見えます。
 一方、後ろを振り向くと付いている方が1名。
 他は切れそうな感じの方でカウントしない方が良さそう。
 このまま引き続けてもある程度は持ちますが、
 集団との距離を考えるとジリ貧になりそうな・・・。
 
 ここは回して貰わないと無理かな、と言う事で
 「回して前の集団に追いつきましょう!一人だとツラいので(汗)」と声がけ。
 ちょっと苦しそうでしたが協調して回していただける事に。
 チームユキリンの方(後ほど@rsk_idrさんと判明)でした。
 3~4回ローテーションしたのかな?
 じりじりと差を詰め、ちょうど緩斜面に入ったところで
 「いける!」と判断してペースアップ。
 無事接続を果たしました。

 これが恐らく二合目付近。
 ここからはひたすら集団走行です。
 20名くらい居る集団なので、先頭は結構先のほう。
 緩斜面に入るところで毎度(自分も回りも)中切れしそうになるので、
 そのあたりは途中から学習して、早めのペースアップにて少エネ。

 集団の尻尾辺りを走っていると、何だか集団内に見た事のあるシルエットが。
 kohei君でした(エ○い方のw)。
 おー。レース中に同じ集団で走るとは初めての体験です。
 JCRCではクラスも全然違いますし。
 声を掛けると気づいてくれて、ちょっと話しつつ。
 後から聞いたところでは全然レース前の練習ができなくて、
 この時も集団から千切れそうだったとか。
 確かに、最後尾付近に居るなぁとは思っていたのですが。

 ともあれ、集団内に知り合いを見つけて元気を貰いました。
 ポジションをやや前目に移動しつつ4合目を通過。

 去年はここでbearbell集団から切れていますのでやや緊張。
 この集団もペースアップするか・・・?と警戒していましたが
 目立った変化は無く。
 しばらく進んだところでチョコチョコと抜け出す人が出ますが、
 程なく吸収されます。流石に大集団、アリ地獄のよう^^;
 自分も前目に位置しつつも勝負どころが分からず、ややまったり進行。

 平坦前の急斜面も集団で進行、そのまま平坦区間に突入。
 ここでは前に出損ねたのでやや後方にて。
 ゴール前の坂でスパートするチャンスがあるかな?と思いましたが、
 トンネル出口で予想外に道がカクッと曲がっていたりして
 位置取り変更不可(汗)
 集団やや後方にてスプリントゴール。
 ふーー。


 何だか集団接続後はあまりエネルギー使わないで走ってしまった。
 二人で回していた去年よりかなり楽してます。
 サイコンで見るとタイムは1:06:40くらい。
 取り合えず去年のタイムは更新しましたが、5分切りには程遠いです。
 これだけの集団効果が有ってもまだ2分有るのか・・・。
 っというか真面目にタイム狙うのなら、自分でも区間タイム見ておいて
 集団のペース上げるとかしないとダメだな~。なるほど。

 ユキリンの方は結局最後まで脚がもったようで、同じ集団にてゴールです。
 ゴール地点で声を掛けていただきました。
 ちょうど声をお掛けした時点では心が切れそうだったとの事で。
 そこから持ち直せるのは凄いなぁ・・・。

 4合目より上は雨模様にて、下山用の冬装備&雨具に着替えます。
 今年は5合目駐車場が工事中なのでコース途中のトンネルが着替え場所に。
 反対車線ではまだレースが続いています。

  IMG_7607 (800x600)

  IMG_7611 (800x600)

 K山主将を見つけて一緒に下山。
 今回は練習不足かつ単独走になってしまい、10分切れなかったとの事。
 うーむ、残念。二年前で既に6分台だったんですけども。
 自分は今回でようやく当時の彼に追いついた感じです。
 2年越しだなぁほんと。

  IMG_7612.jpg

 下山後は吉田うどんをすすりつつ色んな方とご挨拶。
 最近また知り合いが増えてきたので、この時間が楽しいです。


 ひとしきりお話したのち、宿に戻って撤収準備をば。
 と、荷物を点検していると毎度の忘れ物に気づきます。
 レース直前まで羽織って脱ぎ捨てたウォーマー類を会場に忘れて来ました(汗)
 「ちょっと取ってきまーす」と声を掛けて会場までひとっ走り。

 会場ではちょうど表彰対象のアナウンスをやっていたのですが、
 ・・・あれ。名前呼ばれたっぽい?
 気になってリザルトの掲示板を見に行くと、おぉ7位!
 入賞してるじゃないの!

 さっそく宿まで取って返し皆さんにご報告。
 おめでとうコールいただきまして、表彰式に参加してきました。
 何だか表彰カテゴリが多くて大分お待たせしちゃいましたが・・・

  7326011318_7669666bd5_b (800x600)

  IMG_7628 (800x600)

  IMG_7634 (800x600)

 ・・・せっかくの晴れ舞台なのに慣れてなくてサングラス着けたままだった^^;
 前列には二位のとれたまさんも。タイム的にはすっごい離れてますw


  7326009292_898022cbe5_b (800x600)

 こちらはさわやか青年わなみ君。
 1時間3分台で年代別3位。速い!


  IMG_7712 (800x600)

 入賞記念にブロンズなメダルをいただきました。 


  タイム:1時間06分49秒
  順位 :7位/559(年代別) 41位/4703(総合)



 ヒルクライム初入賞にて嬉しい!しかもターゲットレースで。
 内容的にはちょいとアレですが(汗)

 twitterでもいまだかつて無い数のおめでとうリプをいただきました。
 皆様ありがとうございますm(_ _)m
 実力的にはまだまだですんで、これからも精進してまいります。
スポンサーサイト
2012.06.29 Fri l レース l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://jinkoushiba.blog84.fc2.com/tb.php/97-6fbb1659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。