上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
いよいよやって来ました!ターンパイクHC。

IMG_2274.jpg

っと言うほど、前日のTL上では盛り上がっておらず。
しかし自分としてはターゲットレースの一つなので
それなりの意気込みで臨みました。

順位 :39位/502(年代別)
タイム:50分05秒
データ:246w,170bpm(91%),75rpm

結果はまずまず。ただ、ヒルクライムではもっと上を目指して行きたい。
データを見る限りでは力は出し切れたようなので、その点は満足。
パワータップを使うか否かでかなり迷ったけれど(HCに使うには重いので)、
使っておいて良かった!有益なデータが取れました。

ちなみにギアは34-27で臨みましたが、24がメインで27の出番は殆ど有りませんでした。
来年出るなら34-25で良さそうです。

一応このレースのために食事制限もしまして、当日朝の時点で54.8kg。
55kgがボーダーラインだったので私的には減量成功です。

IMG_2241.jpg

10時に開会セレモニーと言うことなので、
アップの時間も考えて8時頃を到着目標に出発。
しかし小田原付近で道を間違えたりして、駐車したのが8時15分頃。
駐車場所はターンパイク内、すなわちレースコース内です。

急いで着替えてローラーに跨り、30分くらいのアップを実施。
坂の途中でローラーなんて出来るの?
って思ってましたが、全く問題有りませんでした。
今回駐車した場所はコース内でも斜度の高い部分でしたが、
前輪を浮かせる為のブロックが不要で、むしろ好都合なくらい。

※ レース前のアップに関しては色々試行しているので後述します ※

汗を拭いてBoot-legジャージに着替え、10時ギリギリくらいに麓に降りました。
まず料金所の辺りで、おやじ朝練の方々を発見。
本当に目立つジャージです(笑)

IMG_2249.jpg

軽くご挨拶を済ませ、ロードCの集団へ。

IMG_2258.jpg

Dクラス以降の集合場所は、もろにインターチェンジ内という感じ。
高速道路に乗るときの、あのぐねぐねした道の途中です。

ロードCの看板付近に、既にかずいさんとゆうきさんが陣取っていました。
そして今回初めてお会いするkageさんともご挨拶。
あとからあべっちさん、にやちゃんさんとも合流しました。

IMG_2260.jpg

10時集合の11:30スタートなので、かなり待ちがあるなぁと思っていましたが
これだけ知り合いが居れば全然苦も無く。
前のクラスから徐々にスタートして行きますので、
Cのグループもじりじりと料金所に近付いていきます。

IMG_2262.jpg
IMG_2273.jpg

ロードCだけでも全部で500人くらい居るのですが、
一気にスタートする訳では無く。
20~30人くらいで小刻みにスタートしていく方式です。
若干タイムトライアルに近いですね。
幸い、前述の顔なじみな方々全員と同時スタートになりました。
この中ではかずいさん、ゆうきさんと脚が近いはず。

11:27スタート。
いきなり急勾配の坂から入りますが、みんなペースが速い!
流れに乗って行こうとすると300wをオーバー。
かずいさんとか、先頭を切って行く勢いです。

先日乗鞍で失敗したばかりなので、ここはガマン。
250~260wくらいまで落とします。
2~3kmのレースならここで試合終了な感じですが、
13kmも登りが有るんだからまだまだ逆転可能なはず・・・

試走が出来ませんでしたので事前にコースプロファイルを見ておいたのですが、
細かい区間や勾配は記憶しきれず。大雑把に以下のように覚えていました。

きつい → きつい → ゆるい → きつい → ゆるい → きつい → 平坦部分

・・・殆ど役に立ちませんが、要は平坦部分の始まる10km地点まで
きついのが断続的に現れると言う事で。

実際のレースでのペースは、走り出してから決めるつもりでした。
で、250~260W付近ならそこそこもつかなと判断。
続くところまではこれで押し通します。

初めの1kmくらいまで、かずいさんとの差は開く一方でしたが、
ある程度のところで差が開かなくなり、徐々に差が詰まり始めました。
結果、3km付近で追いつきます。丁度駐車した辺りですね。
声を掛けたので、ここで乗ってくるかな?と思いましたが
そのままご自身のペースで行かれた模様。

自分の後ろには2~3人付いており、
そのうちのひとりがゆうきさんであることを確認。
「最後の平坦部分で差す」と宣言されていたのでやや怯えつつ(汗)

勾配は殆どの場所で10%くらい。
EDGEの斜度計がどれくらい当てになるか分かりませんが、
本当に10%表示の時間が長かったです。
自分は勾配変化の無い方が好みですのでこれは助かります。
途中、何度か入る勾配の緩い部分では早め早めのシフトアップ。
ケイデンスが上がりすぎないように気をつけました。

その後も淡々と走り続けますが、
コースの半分くらいまで来たところでペースが乱れ始めます。
具低的には、パワーにムラが出てきます(主に下方向へ)。
これが始まったのが6km地点で、大体25分を経過した辺り。

この辺りが、現時点でのひとつの限界みたいですね。
心肺が特別苦しいわけでは無いけれど、ペダリングが乱れてくる。
どうにか回そうとすれば無理は利くので、250w以上という目標は変えず。
ムラが出る分平均出力はどうしても下がってしまいますが。

後ろを振り返ると先程まで付いていた何人かは全員居なくなっていました。
ゆうきさんも途中で切れたようです。
とは言え、いつまた追いついてくるか分かりませんので油断は禁物。
平坦部分までもつれ込んだら絶対に負けますので。

結果、ここからは一人旅。
10km地点の手前に若干キツい坂があり、それを乗り越えれば
平坦区間・・・もといアップダウン区間に入ります。
下って登ってが合計3回入ります。
後ろも前もペースの合う相手が居なかったので単独走。
一応下りもワットは気にしつつ。
下りは全然自信が無いので、後ろからゆうきさんが現れるんじゃ無いかと
何度も振り返ってみたり・・・

最後のダウンが終わった辺りで3人くらいにごぼう抜かれし、
シッティングスプリントでゴール。
同時スタートした方々かどうかも分からないので
抜かれて悔しいとかそういう気にはあまりならず。

全体としては大きくへたれた所が無かったので
まずまずの走りという実感。

ゴールしたばかりですが、直ぐにゴールアーチのところまで取って返し撮影準備。
直ぐ後ろでゴールして来るお仲間を撮ろうという算段。
ゆうきさんが来るだろうとMSジャージを探していたのですが、
先に入ってきたのはおやじ朝練ジャージのかずいさん。
「お?」と思いつつも、ばしばしiPhoneで撮影。

IMG_2278.jpg

ゆうきさん、入れ違いになったかな?と混乱しているところで
ゆうきさんが現れ、ゴール。慌てて構えるもフレーム外 orz
追いすがるように後姿をパシャリ。

IMG_2288.jpg

いやはや。
ゆうきさんは富士HCのタイムが自分と近かったので
殆ど差は無いと思っていたのですが、かずいさんが
それを抜いてゴールして来るとは予想外でした。

あとから聞いた話では色々と抜きつ抜かれつが有った様で。。
レースでこういう展開があると面白いなぁ。
JCRCだと毎回こんな感じなんだろうか。実力でクラス分けされているし。

ゴール地点では自走で応援に来てくれているしにゃさんとも合流。
ご一緒のavicotさんとは今回が初対面で、早速ご挨拶。

IMG_2292.jpg

ほか、ゆうきさんと同じMSの黒こんぶさん、
SNELの方々、おやじ朝練の方々ともお会い出来ました。

IMG_2303.jpg

ご無沙汰のつんさんもお元気そうでした。
一時期レースは休んでいて、前週のJCRC塩原HCから復帰されたそうですが、
今回もまずまずの結果だったご様子。
かずいさんが負けて悔しがっていました(笑)

おやじ朝練のエース、やすさんは風邪で振るわなかったそう。
万全なら入賞も狙える方なので残念至極。

いやー。
レース会場でこれだけ知り合いが居ると本当、楽しいですね。

IMG_2304.jpg

時間を潰しているうちに下山時刻となり、私はしにゃさん、avicotさんと下山しました。
車で来ていますので、車の置いてある3km地点までダウンヒル。
曇っていたこともあり結構寒かったです。
アームウォーマー・レッグウォーマー完備で良かった。

IMG_2308.jpg
IMG_2311.jpg

車を出すまでに多少の待ち時間がありましたが、
15:30付近に下山開始。
行きと同じルートで川崎まで帰宅しました。

今回のレースは初開催と言うことでしたが、
既に色々な面で運営が考慮されていると感じました。
来年は更なる改善が行われて開催されるものと思います。

十二分に楽しめましたし、指標も出来ましたので、
富士・美ヶ原に加えてこのターンパイクも毎年参加して行きたいと思います。

参加・応援の皆様、お疲れ様でした!


※アップと前日までの過ごし方について※
今回は以下の3段階でアップをやりました。

 ・10分 FTP付近まで徐々にパワーを上げる(心拍も上がる)
 ・10分 2分刻みで5~10wずつ上げていく
 ・10分 クールダウン

結果的に、パワーはL6付近まで。
心拍は172(93%)まで上がりました。
ちなみに最近は当日のアップだけでなく、
前日までの過ごし方にも注目して色々試しています。

去年から今年にかけて出たレースから得た結果として、
前日まで全く乗っていないと当日どんなアップをしても
NGと言うのが個人的な体感です。
もちろん個人差があると思いますが。。

今回は、2日前までは負荷を徐々に減らして行き回復させ
(これはGCのパフォーマンスマネージャーを参考に)、
1日前にL4+L5を半々くらいでやって追い込む方式で行きました。
L4、L5はパワー値での指標ですが、心拍トレーニングで言う
メディオとソリアくらいの強度と捉えていただければ良いと思います。

今回のレースではなかなか良いパフォーマンスが出せましたので、
次回以降のヒルクライムでも同様の準備で臨むつもりです。
スポンサーサイト
2010.09.27 Mon l レース l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

お疲れさまでした!
昨日はお疲れさまでした!

川崎に住んでいらっしゃるんですね~。
川崎近辺に住んでいますので、何かの機会がありましたら、よろしくお願いします!
2010.09.27 Mon l avicot. URL l 編集
No title
『きつい → きつい → ゆるい → きつい → ゆるい → きつい → 平坦部分』←最高に感情移入!ターンパイクに出てもいないけど。でも、感情移入。

2010.09.27 Mon l カズ. URL l 編集
No title
>avicotさん
おお、わざわざコメントありがとうございます!
自走での応援お疲れ様でした~。

avicotさんは川を挟んで向こう側ですよね?
今後ご一緒する機会も有ると思いますので、
こちらこそ、宜しくお願いしますm(_ _)m
2010.09.27 Mon l しばぞー. URL l 編集
No title
>カズさん
今回はご一緒できなくて残念!
このターンパイクはあざみを緩くした様な感じで、
個人的には好みの登坂コースです。珍しく。
カズさんが出ていたら、こんな温存走法なんて
ぶっちぎられただろうなぁと思います(笑)

お仕事の都合も有ると思いますが、
来年は参加出来る様なら是非に!
2010.09.27 Mon l しばぞー. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://jinkoushiba.blog84.fc2.com/tb.php/71-2b721902
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。