上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
9月に入っても猛暑は留まるところを知らず。
週末のライド(実走)も自重せよって風潮です。

そんな折、週末車であざみに行くよーっという呟きが
「Bike-aholic」さんからありまして、便乗させて貰いました。
初挑戦からまだ一週間ですが、早速のリベンジ。

参加者は、車を出して下さっているtodaさん(@toda_pipi)、
しにゃさん(@buchi_buchi)、のりさんのお三方。
皆さん「Bike-aholic」で活動されています。
しにゃさんはBoot-legでもおなじみ。

IMG_1865.jpg

4:30に新宿集合。早朝っていうか夜中です。
渋滞を避けるため、いつも早め早めの出発らしいです。

川崎からの時間が読めなかったのですが、深夜だし
黄色点滅とかで信号ストップも少ないだろう・・・と思ったのが間違い。
黄色点滅なんて全然無くて、普段どおりのペース。
品川通過時点で4:00付近だったので皇居~四ツ谷付近は全力疾走。
久々に単独で40km/h巡航とかしましたよ。

なんとか2分前に現地到着。
自転車を積んでいただき、目の前のコンビニで買い込みをしていざ出発。
ちなみにtodaさんのハイエースはチームカーにも負けないような
ウルトラ輪行(?)仕様。5人5台積載可能。
自転車も前輪を外すだけで乗せられるという素晴らしさ。
ああ・・・いつかこんな車を持てるようになりたい。。

IMG_1849.jpg

下道で調布まで向かい、コンビニでのりさんをピックアップ。
その後は中央道経由で一気に山中湖まで。
まだ日は昇りかけという感じ。

IMG_1850.jpg

湖畔の駐車場に駐車して自転車を展開。
この時点でまだ6:30です。

撮り忘れましたが、山中湖の湖畔を多数の自転車乗りが集団走行していました。
みなさん同じベストを着用。後で看板を見たら「Mt.FUJIエコサイクリング」だそうで。
富士山を一周するイベントのようですね。小径車なんかも混じっていました。

先週と同じく、山中湖の南から籠坂峠へ。
本日はここがアップポイントとの事ですが、
アップするにはちょっと短かすぎるかも。
自分は既に新宿までのライドで一定のアップが終わっているので、
坂の初めから一気に上げて行き心拍170台まで。

長めの下りをこなしてセブンで水分補給。
そして、またまたやって来ました富士あざみライン入口。

IMG_1854.jpg

今回はtodaさん、のりさん、しにゃさん、私の順でスタートです。
しにゃさんは前回足つきだったと言うことで、私がしんがり。
BCAAを飲んだりしていたので、2分ほど間を空けてのスタートだったかな。

なんと言うか、みんな普通にあざみを登りに来ているので
先週のような妙なプレッシャーはありませんでした。
普通の峠と同じ気構えで。

全然関係ないですが、先週・今週とも漕ぎ出しのふらつきで
スタート直後の左の側溝に嵌まりそうになりました。
大人がすっぽり入るくらいの深さなので落ちるとただでは済みません。
ご注意を。(誰もこんなところで嵌まらないか?)

7:10スタート。

今回はタイム更新する気満々なので、メーターを見ながら
先週よりも高目のワット数キープを目指します。
初めの直線部分ではりきって250wを目標に回し初めますが、
2kmも進まないうちにこのペースじゃもたないと判断。
ラインを240w以上に下方修正しました。
これでも先週よりはまだ10wほど高いです。

それにしても、直線部分では誰の背中も見えてこない。
ちょっと間空けすぎか・・・?

3km付近、先週は気づかなかった鳥の壁画を右手に確認。
ここから左にカーブしてつづら折りが始まるんですね。
今日は比較的冷静にコースを観察。

前半のつづら折りはコースの中でも勾配が緩やかな部類なので
ここも引き続き240wキープです。
前半6つほどのコーナーを超えたあたりでのりさんを発見。
じりじりと差を詰め、つづら折り地帯後半で捉えました。
声をかけつつパス。それほど追い込んでいる感じではなさそう。
こちらはぜーはー。

お楽しみのつづら折り地帯を抜け、地獄の入口、馬返しへ。
馬返しにさしかかったところで時計を確認すると25分台。
このときは分かりませんでしたが、帰ってから先週のタイムをチェックしたところ
29分付近だったので、この時点で4分ほど早い計算に。

先週・今週と2回来てはっきり分かったけれど。
馬返しの直後もきついけど、本当にキツいポイントはもう少し先に有ります。
コーナーを10個ほど終えたあたりから急斜度の続くポイントが始まります。
いや、馬返しの直後も斜度的には同じくらいの筈なんですが、
あちらは比較的すぐに終わります。
スタートから数えると7km~8km地点に当たる、ほぼ1kmの区間。
ここできつめの斜度がえんえん続くので、極端に負荷が上がります。
逆に、これ以外の区間は普通のヒルクラのように登れるとも言える、かも。
(軽めのギアが有れば。)

この激坂区間でtodaさんを捉えます。
視界に捉えてから3コーナーくらいでなんとかパス。
流石に私と同じくらいのぜーはーっぷりです。
一番苦しい区間ですからね。。
もう少し先にはしにゃさんも見えます。

この区間、スピードがかなり落ちるので前後の距離がかなり詰まります。
おかげでこの距離ならすぐ追いつけるんじゃ・・・?とか錯覚してしまうw

ここからしにゃさんとの追いかけっこ勃発。
先程まで追いつきそうなペースで走っていたしにゃさんでしたが、
こちらの存在に気づいてから明らかにペースアップ。
振り向きつつ距離を確認されているので完全に意識されている。
むぅ。こんな展開滅多に無いので、闘志に火がつきましたw

何度か座り直して踏む、踏む。
追いかけているうちに激坂区間も終わり、
平坦・・・とは言いませんが8~10%付近まで斜度が落ちてきます。
すると見た目の差がドバッと開く。
大体400~500mくらいの差かな?あせって追います。
途中、コーナーに入るところまでは背中が見えているのに
コーナーをクリアすると居なくなっていたりするという面白現象が(笑)
あとで聞いたところではそこまでペース変化は無かったとの事なので
単純に勾配によるものと思いますが。

苦しいながらもモチベーションは高く保てたので、
ゴールまでへたることなく出し切れました。
しにゃさんには結局追いつけず。
逃げ切られた~

IMG_1863.jpg

IMG_1859.jpg

タイムは  1:00:34。(229w)
先週のが 1:07:32。(201w)

先週より7分ほど縮まりました、素晴らしい!
230wと言うと、ローラーでのFTP値と同値ですから
ほぼ自分のベストを出し切った事になります。

ちなみに、タイム更新できました!とtwitterでカズさんに喜んで報告したところ
翌日にあっさり抜かれました orz
自走で 59:54ですと。。。
もはや1時間切らないと勝負になりませんか、そうですか。
現実問題、自分はもうちょいベースをアップしないと1時間切れ無そうです。。

IMG_1861.jpg

todaさん・のりさんも到着されて、4人でややまったり。

この日も雲が多くて眺めはいまいち。
というか、あざみの五合目はスバルラインと違い
丁度雲と同じくらいの高度なんですね。
スバルラインの方は途中が靄がかっていても、
五合目は雲の上まで抜ける感じですが。

ひとしきり休んでダウンヒル。
2度目なので特に危なげも無く。
先週も感じましたが、基本的に路面は綺麗なので
スピードさえ出過ぎなければ危険は少ないかと。

IMG_1871.jpg

下り切って、また籠坂を越えます。
しにゃさんがやたら元気で飛ばしまくるので、
途中まで追走していたのですが
だんだん暑くなってきて汗が目に入りブレーキ。
あざみでバンダナが汗まみれになったので外していたのでした。。

IMG_1873.jpg

IMG_1879.jpg

程なく山中湖に到着。
その後、「石割の湯」で温泉を堪能してから帰還しました。
11時の開店と同時に入ったので、本当に早め早めの行程です。

IMG_1886.jpg

「石割の湯」を出て直ぐのローソンは
ブルベのチェックポイントになっていました。
ロード乗りが次々と現れます。

エコサイクリングと言い、あちこちで
自転車イベントが開催されてますねぇ。

IMG_1891.jpg

帰りも高速を使い、皇居で解散。
行きも帰りも、todaさん運転ありがとうございました!

皇居は丁度パレスサイクリングの時間帯だったので、
車道のど真ん中を使いつつゆるーりと南下。

それにしても、都心はまだまだ暑い。
川崎までの20kmちょっとで脱水になりかけました。
この暑さはどうにかならないかなぁ~
今後、毎年こんな感じなんだろうか。
スポンサーサイト
2010.09.05 Sun l ツーリング l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://jinkoushiba.blog84.fc2.com/tb.php/68-4832e1f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。