上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
震災の影響で色々とレースが中止になってゆく中、
側溝大尉(@SokkoTaii)主催の松輪オフに行ってまいりました。

移動の際、トランクに詰め込まれるしまうどんさん。流石サービス精神旺盛ですw
IMG_3152.jpg


昼は模擬レースちっくに松輪の周回コースを走り、
夜は飲み会というセットコースであります。

JCRCの出場メンバーを中心に、総勢17名参加。
twitterのおかげで、今や殆ど知っている方ばかりです。
参加者他諸々については大尉のブログを参照下さい。

遠方からは輪行での参加も有りましたが、
自分は幸い一番近いくらいですので自走で参加です。
他のメンバーとはコースが合わないので単独走。
11時に三浦半島最南端集合と言うことで、7時に川崎を出発です。

のんびりペースで15号、16号、134号と繋いで三浦半島入り。
10:30過ぎに集合場所へ到着。この時点で走行距離54km。
前日に電池を換えた筈のパワータップが何故か反応せず、
この日は一日パワー計測無しです。

IMG_3144.jpg

風車近くの駐車場に3~4人の集まりが見えたので寄って行くと、
しまうどん(@simaudon_tesiwo)さんたちが既に到着していました。
しばらく待つと、残りの自走組み+輪行組が大挙して到着。
ブリーフィーングでお互いに軽く自己紹介を済ませて、いざ試走へ。

IMG_3145.jpg

大尉が注意点を伝えながら進めていきます。
少し長めの坂が2本。短めの坂が幾つか。
鋭角に曲がるコーナーだけ気を付ければ危険は少ないですね。
10kmも有るのに平坦は意外と少ない印象です。

戻ってきてから、何人かはもう一周試走に行くとの事。
自分はあまり足を使いたくなかったのでパスです。
居残り組みはまったりと談笑。

IMG_3147.jpg


試走終了後、12時くらいにいよいよスタートです。
6周60kmも有るから耐久レースな感じもしますが、
面子的には明らかにロードレースw
全員スタートラインへ付き、ざいこーさんの
「よーいどーん」の掛け声でゆるゆるスタート。


何故か自分先頭。
ペースをどうしたものかなー、と適当に漕いでいると
下りで@ace17jpさん他多数にさくっと抜かれる。
平坦に入るとローテーション開始。集団内に居るとらくちん。
が、この日はまだ高い負荷を掛けていないので、いざ掛け合いになったとき
着いていけないのでは?との危惧から坂で少し負荷を掛けようと思い出す。

トンネルの辺りは車通りもあったのでおとなしく。
剣崎のきつめの坂で右が開いたので踏んで行く。
ここで港北夜練的なスイッチが入ってしまい坂上までスパート。
上りきった辺りで振り向くと後ろは離れてしまった様子。
そりゃそうかーと思いつつもペース下げるのも恥ずかしい(笑)ので
そのまま踏み続ける。

左折で農道に入る辺りでますらお(@masrao)さんにパスされます。
すでにタレ気味なので追いすがれず。
さらに踏み続けていると後ろからかなり荒めの呼吸。
誰かな?と思ったらかずいさん。ちょっと驚き。
普段ここまで苦しそうに走るところは滅多に見ませんし。
仕事が忙しくて体力ダウンしているとの事でしたが、なるほど確かに。

少し2人で回すも、後ろからさらにアタックがかかり4~5人にゴボウ抜きされます。
ここで抜いていったのはざいこー(@zaikou)さん、ヤス(@yas586)さんら。
流石にどの面子を取っても強力です。
自分は先程のアタックが長めだったのでまだ回復しておらず。。
アップなんだから坂だけでやめておけば良かったのに(汗)


何人か合流したりして、ホームストレートに帰った時点で先頭集団は遥か先。
一人で頑張っても仕方ないのでみんなでローテを回していきます。
確かメンバーはしのすけ(@shi_no_suke)さん、おおた(@Ace17jp)さん、
K代(@KUMASIHRO)さん、自分の4人。
かずいさんは二周目の前半辺りで千切れちゃったみたいです。
恐らく往路も引きまくって消耗していたでしょうに、
自分のアホなアタックにつき合わせてしまい申し訳無い(汗)

2周目、3周目はこのメンバーでローテーション。
上手く回らないところを、しのすけさんが声掛けでフォロー。
走りも安定しているしめっちゃ頼りになる存在です。

途中、先頭集団から落ちてくるなん(@nan_cha)さん、
こーへい(@kohasa)くんをパス。出来れば吸収したかったのですが、
皆さん先頭集団に引きずり回されてボロボロの様です・・・。
5周目あたりではざいこーさんもパス。
あまりペースが崩れていないので付き切れかと思ったらハンガーノックだそうで。
この距離とコースじゃ補給無しはきついですよね。
かく言う自分も60km補給無しは無理と踏んでいたので、
ウィダーのエネルギーとローヤルゼリーを背負っていました。
4周目後半で即効性の有るローヤルゼリーのみを補給。
補給のロスが大きいので、エネルギーの方は使わずに済ませました。

そう言えば大尉はどうしたのかな?と思ったら途中で写真撮影しててズコーw
ハンドルトラブルだそうです^^;
撮ってくれた写真や動画は大尉のブログで公開されています。
先頭集団の速さとか驚愕モノですw

第二集団も安定して来て、このまま最後まで行くかなーと思いきや
しのすけさんが「こしいたい」発言で離脱Σ
ああ、集団の要が・・・。
その後3人で回すも、三味線弾いていると思っていたおおたさんも脱落。
最後の二周はK代さんと二人旅という事に。

淡々と走りますが、どうにもペースは落ちている感じ。
K代さんも余裕有りそうなのでペースは上げられそうなんですが、
前には追いつきようが無いし、後ろからも追って来る気配が無いので
ペースアップする理由も無く。この辺ちょっと勿体無い感じはしました。

最終周、勝負を意識し始めます。
都ロードでは2戦ともK代さんより先着出来ているので、
スプリントでなければ行けるかな、と考えていました。

仕掛けたのはラスト3つめの左直角コーナー。
その手前のローテーション交代の瞬間に飛び出しました。
今から考えるとコーナー曲がった直後の方が良かったかも。
立ち上がりで自然に離れる筈ですし。
それに仕掛けが早過ぎて、思っていた以上の
ロングスパートになってしまいました。

緩い右コーナーを抜け、ラストの左鋭角コーナーを抜けて
橋の上の登りを100rmp超で回す。
橋の終わり付近で振り返ると15mは離れているように見えました。
ここで勝ちを確信、しかしラスト数十メートルで息切れ。
なんとかダンシングで再加速を試みるも足が回らず。
シッティングで踏みなおしたところで右に黒い影・・・。
ひえぇ~

そこからはシッティング勝負ですが、、、負けましたw
いやー、あそこから差されるとは!
どんなペースで追って来たんでしょう。完全に負けです。
ずーん。

という事で順位は 5位/17名。
ただし完走8名という恐ろしい状況w
万全じゃない方も多いので、自分はまともに走れた方じゃないかと。

 1周目 16:41
 2周目 17:07
 3周目 17:46
 4周目 18:18
 5周目 18:35
 6周目 18:51

上位はこーへい(@kohpei)くん、ますらおさん、やすさんのお三方。
最後まで集団崩壊せずスプリントだったそうです。
ついて行ってみたかったな~

昼の部はひとまずここで解散。
夜の部参加の自分は 銭湯→三崎口駅→横須賀中央駅→飲み
と一通り楽しんで、輪行で川崎まで帰りました。

IMG_3160.jpg

煙が目にしみる~の図。
ちょっとでもマシにならないかとサングラスで防御してみたり。
大尉が色々カミングアウト(?)してましたが
がっつり食べて飲んで楽しかったです!
トレーニングに関しては、しのすけさんから
地獄ローラーのメニューも聞いたし早々に実践してみようかな。


以上、松輪オフレポでした!

実際のレースと同じくらい充実した一日でした。
レースが無くても、このイベントに向けて練習しても良いくらい。
最近切れ気味だったローラーモチベーションもぐぐっと回復しました。

企画・進行して下さった側溝大尉に大感謝!
次あればまた参加したいです。
今回参加された皆さんもありがとうございました!
スポンサーサイト
2011.03.29 Tue l 練習 l コメント (2) トラックバック (0) l top
2月の最終日曜、またまた都ロードに参加してきました。

1戦目の反省を踏まえてそれなりに走り込み、
コーナリングも人並みくらいには曲がれる様、練習した上でのリベンジです。

(今回の写真は全てかずいさん撮影のものを拝借しています!)
0-0.jpg


クラスCで 7位/86名 36:53(-1:52) 5km×4周
 カッコ内は前回とのタイム比較です。

 1周目 8:25(-0:54)
 2周目 9:08(-0:34)
 3周目 9:28(-0:14)
 4周目 9:52(+-zero)

ぐはー・・・前回よりも後退。

一位集団、四位集団から立て続けに千切れてこんな位置。
先頭集団に付いて行って、前回より順位を上げる!
という目標は全く果たせず。
今回は途中苦しすぎて、本当にDNFしようかと思いましたよ。

タイム的には2分弱縮まっているのですが、
これは出場者全体でもそういう傾向のようで、
2戦とも参加している方のタイムをサンプリングで見てみたところ
軒並み1:30~2:00の範囲で短縮されていました。

前回より風は強かったように思うのですが、マイナスには働いてないようですね。
風向き的には下りで向い風・登りで追い風というパターンでした。
 登りの方が時間的には長いから
 追い風で周回タイムが縮まる?
とか考えたりしましたが・・・良く分かりません。
暖かいから全体的に調子が上向いたと言うのは有りそうです。


それにしても今回は、書くことが無いような、有るような。
レースでの反省点としてはやはり千切れた事が第一に上げられますが、
付いて行ける余裕・実力が無かったと言うことで
結局、積み上げが足りてなかったというのが結論ですよね。。


【レース前】

今回のレンタカーは、人生初ハイブリッドのインサイト。
軽のクラスで予約しておいたのですが、配車の都合との事。
見慣れないパネルが有りましたが、
電気とガソリンどちらを使っているか表示するのですね。

ガソリン代が安上がりでお得でした。

IMG_3080.jpg

4時に車を受け取り、5時前に川崎出発の前回と同じパターン。

が、カーナビ任せに運転していたら何故か東名に乗らず、
一号・新湘南バイパス・134号という前回と全く違うルートに誘導されます。
さらに小田原で西湘バイパスから下り損ねて熱海ルートへ。

熱海から南下した伊豆多賀あたりで若干迷い、山伏峠を登ったところから
ようやく伊豆スカイラインへ合流。
後でかずいさんにも聞きましたが、ここで有料道路に乗ったのは
全く意味が無かったようですw
そのまま県道80号を直進すればCSCに着いたんですね・・・。

全くもって無駄の多い道中でしたが、今回は途中で仮眠を取らなかったので
7:15くらいにCSCに到着。駐車場にはまだ3台くらいしか停まっていませんでした。
運転の疲労があるので、駐車場で30分ほど仮眠。。

 ・
 ・
 ・

目を覚ますと周りは既に活気付いていて、自転車を用意したり
チームで集まっていたり。ローラーを回している人も居ました。
一旦伸びをして自分も自転車を準備。

ひと段落してtwitterを眺めると、前日ブルベで膝を痛めた筈のかずいさんが
熱海に到着しているらしい・・・。どうなっとるんだw
でもこんなところまで応援に来てもらえるとは嬉しいですね。

9時の開門に先駆けて、8:30頃からアップを開始。
駐車場を6周ほどぐーるぐる。
軽く回したり踏み込んだりと内容は適当。
ただ、少しずつ負荷を上げていって体が温まる程度には走りました。

その最中にかたちさん、側溝大尉と遭遇。
大尉は追い抜いたところを後ろから声を掛けて下さったのですが、
普段着のコートを着て走ってるのでまったく気づきませんでしたw

この日は結構暖かく、公式記録によると15℃あった様です。
よって当初から考えていた夏装備+手脚ウォーマーで行く事にしました。
相当汗をかく方なので、可能な限り涼しくして臨みたいんですよね。

一度車に戻り、荷物(着替)を背負い
9時開場に合わせて正門前へ。
中に入り、コース内側のスタンドに荷物を降ろします。


【試走】

装備は、前がEC90SLX、後ろがZIPP404。
風が強いので前輪はロープロファイルにて。

前回の流れと同じく 試走→受付→試走 の順番で行きました。
ちょうど同じくCのゆうきさん(@yuuki247)と合流したので、
一周目の試走はゆうきさんと一緒にgo。

前回から一ヶ月、有る程度コーナーリングを練習しましたので、
早速本番コースで実践です。
ゆうきさんに先行してもらってラインをトレース。
修善寺はブレーキ不要との話も聞きますが、一応スローin、ファストoutで。
前回よりは安定して曲がれている感じです。脱出速度もそこそこ。
総合して速いかどうかは?ですが、不安なく曲がれるのは良いです。
坂でもそこそこ負荷を掛けて一周目は終了。

受付を済ませ、二周目は単独で。
複合コーナーにて再度コーナリング練習。
進入速度を上げてみると、やっぱり最後で膨らみ気味。
もう少しバンクさせれば曲がれそうだけれど無理は禁物かな。
二周目も坂で追いこんで終了。

スタンドに戻るとかずいさんも到着していました。
案の定ヒザはぼろぼろの様で・・・(汗)

帰りは途中まで自走予定だった様ですが、
ダメ出しして私の車に乗っていただく事にしましたw
その後つよしさんともお会いし、側溝大尉のお仲間
ミスターX(T橋さん)にもご挨拶。
前回は終盤まで5位争いで競った方です。

写真から見るにおっかない感じを想像していたのですがw
サングラスを外してお話すると気さくな方でした。
「今日は徹底マークです!」と言われ、いやはや恐縮。

そんなこんなしているとスタートの時間に。


【レース 1周目】

今回は前列に陣取ります。
万一、初めのコーナーを上り切った時点で後方の位置になってしまうと
2号橋の坂まで、前に出るチャンスが有りません。
一列棒状になる筈ですので橋までに相当、先頭との差が開いてしまいます。
くわばらくわばら。。

前のクラスがスタートして行き、Cクラスもスタートラインへ。
ゆうきさん、かたちさんと固まってのスタート。

「残り30秒!」とかカウントダウンされる中、
ギヤをあーでもないこーでもないとガチャガチャ。
登りだからインナーか?と思いましたが、傾斜は緩いし・・・。
ダッシュの最中にアウターに変速とか自殺行為かと思い、
スタート数秒前に50×21あたりにセットします。

号砲が鳴り、スタート!
「よっ」と体重をかけてペダルをキャッチ。の筈がつるっと・・・。
いきなりのクリートキャッチミス(汗)
慌ててペダルを戻し、今度はきっちりジョイント。

前回よりも、みんなダッシュが速いような?と感じながら
コースの中央辺りをずいずいと進みます。
初めの登りはガンガン踏んで10人ほどパス。
上りきって前を見ると、前にはまだに20人ほど居る様子。
その中にかたちさんの姿も見えます。いつの間に。

これはまずいかな・・・と思いつつも、どうしようもないので
そのままのポジションで複合コーナーをクリア。2号橋まで。

2号橋の登り口では、みんなコースの真ん中を登っていきますね。
イン側は斜度がきついからでしょうか?
こちらはそんな事も言っていられないので、なりふり構わず
インから400~500wの出力で踏み、10人ほどパス。
中腹辺りで先頭集団(7~8人)のしっぽに着けました。
ふー、助かった。。

と思ったのもつかの間、なんだかペースが速い。
延々と300w超で、付いて行くのがやっと。
登りにも関わらず集団は前後とも一列棒状で、
殆どの人にとってキツい区間だったんではないかと。

今回の坂区間ラップは以下の通り。
 1.308w 02:56 (272w 03:16)
 2.266w 03:13 (262w 03:20)
 3.244w 03:19 (259w 03:28)
 4.233w 03:34 (274w 03:29)

距離約 1.2km。()内は前回のものです。

タイムは縮まっていますが、周回を重ねる毎の
出力の落ち込みっぷりが酷いですね。
特に最後の周は諦めモードに入っているので、全然踏めていません。


くたびれて平坦部分で一度休みつつ、
頂上までの登りで踏み直してなんとか集団に付いて行く。

そしてここが反省ポイント一つ。
頂上から下りに入る前に、傾斜の緩い区間が数十メートル有るのですが、
毎度ここで中切れを起こしてしまっていました。
余裕が無さ過ぎて踏めない・・・。
おかげで、下りに入ってから頑張って踏んで追いつく羽目に。

相手が脚を止めているのに、こちとら頑張って回してもんですから、
なんだかルパン三世の空中平泳ぎ的なシーンを想像しつつ。

下り切って登り返し。
案の定ここもキツい。ペースが速い。
ホームストレートは何とか先頭集団(8名)の最後尾で通過です。
後ろはやや離れており中切れ状態。

1-0.jpg


【レース 2周目】

ポジション的には前回よりマシ、な筈なのですが
消耗度合いが半端ではない(汗)
初めの登りはなんとか食らい付くも、
その後の複合コーナーで集団は空中分解気味に。

2号橋に到着したところで、ポジション及び進入速度の差で
3人が抜け出した形になりました。自分は当然圏外組。
少し頑張ったくらいでは届かない感じです。

リザルトを見るに、ゴールまでの間に先頭集団と
若干名行き来があった様ですが、
私にはもはや把握する余裕は有りませんでしたw

確か登りの終わりまでチームYの方の後についていったんだったかな?
そして下りで千切れて、ホームストレートで何とか追いつくという
パターンだった気がします。

今回救いだったのは、やはりコーナーで目立って遅れなかった事でしょうか。
多分前回のままのスキルだと、順位はもっと後ろだったと思います。

2-2.jpg


【レース 3周目】

えーと、どういう状況だったのか良く覚えていません。
とりあえずホームストレートでDNFしたかった事だけは覚えています・・・。

まだ単独走にはなっていなくて、3名くらいで走っていたかなと。。
有利な筈の坂でも踏み込んでいける余力が無いので、
後ろから新たな刺客が現れないか戦々恐々としつつ走っておりました。

初めの登りを超え、複合コーナーを抜けて振り返ったところ、
後ろにはCクラスの選手が居ないことを確認。

ちょっと安心して2号橋からの登りに突入すると、
左から同じCの選手にパスされる。あら?左側に付かれていたのか。。
自分からするとほぼアタックに近く、追いすがる気力が無い。
目で追って行くとガーっと登っていって前集団に接続した模様。
いいなぁ。。今回は全然真似できない。

惰性でなんとか登り切って、下って登って3周目終了。


【レース 4周目】

かずいさんの写真によると、上位3名はここでほぼ
確定していたみたいですね。
私らは間を開けて3~4名の集団としてなだれ込み。
余裕の無さから下向いちゃってますね。

3-1.jpg

第一コーナーを上り切る頃にはやや切れ気味。
複合コーナーはどうにか差を広げないように頑張りましたが、
2号橋の登りで完全にノックアウト。千切れました。
あ~~。
久々に、完全な諦めモードと言うのに入りました。
どう考えても追いつけない、回せない、無理だと。

ここからは後ろばかり気にしながらの走行。
幸い周りは赤帽子の方ばかりで、Cクラスの選手が追って来る気配は無し。
坂の区間出力も前述のとおり最低を記録。
いやー。諦めたらホント落ちるところまで落ちますね。。

坂を下って登り返し、申し訳程度に踏みつつゴール。
今回は登りスプリントも出番無しです。

4-1.jpg

疲労困憊。
きっついレースでした。

コース脇で呆けていると、かずいさん。
『随分遅いから落車したかと思った』
・・・いや、ごもっともw
かずいさんは3周目で集団内に自分が居るのを見ているので、
集団から30秒も遅れてゴールすればそう思いますよね。。


【レース後】

しばらく待つとT橋さん、ゆうきさんもゴール。10位台。
その後しばらくして大尉もゴール。
大尉は今回、スタートでかなり失敗した様ですね。
スタートダッシュできなかったみたい。

そしてかたちさんがゴールして来ないと思ったら、残念ながら落車とのお知らせ。
さらにつよしさんも引っ掛かってしまい複合落車になってしまったとの事。
お二人とも普段から練習の様子を見ているだけに、残念無念。。
お大事にして下さい。


そして表彰式。
表彰台がさらに遠のきました。

5-1.jpg

同じコース、同じクラス、似たメンバーと言うことで
今回くらい自分の進歩を計れるレースも無いと思っていたんですが、
そう上手くは行かないですね。
しかし、通常オフシーズンであるところの1月・2月に
それなりに追い込んだ練習ができたのは良かったです。

また、今回のレースに向けてコーナリングの練習をしたのは
非常に良かったと思います。こんな機会でも無いと
全く練習しなかったでしょうしね。
twitter上でアドバイス下さった皆様、ありがとうございました!

本命のヒルクライムに向けて、今後も頑張ります。


帰りは予告どおり、かずいさんを乗せて川崎まで。
長い道中も話しながらだとあっという間です。
インサイトは普段の軽よりもワンサイズ大きいので、
自転車が積みやすくて助かりました。
二台積むならこれくらいのサイズが欲しいかな。


以上、今年の第二戦目でした!

次回は3月、JCRCの第二戦でまたまた修善寺ですが、
こちらはXクラスの2周だけです。
脚力判定ですので気軽に臨もうと思っています。

4月からはひたすら登りのレースばかり。
本命は6月の富士ですが、そこに向けて悔いの無いよう
修練を積んで行きます!
2011.03.01 Tue l レース l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。