上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
表題のイベントに参加するべく、しにゃさんと下総まで行って来ました。

会場は、千葉県 成田付近の「フレンドリーパーク下総」です。
利根川の下流の方といえば分かりやすいかもしれません。
輪行で行く場合は、成田線の「滑川駅」が最寄になります。

IMG_1033.jpg

結果は初級者1のクラスで4位。
(写真は関係ありません)
初めて賞状を貰いました。


【池袋~滑川】

荷物もそこそこ有るので、レンタカーで行く事にしました。
今回は借りる時に2人分の免許を提示し、
交代で運転できるようにしています。
池袋近辺でのレンタルなので、私は川崎から池袋まで輪行しました。
一応足を温存。

8時レンタルで10時くらいに着くかなと適当に見込んでいましたが、
荷物積み込みの時間を考えていなかったり
都内を抜けるのに意外に時間がかかったりして、
結局着いたのは10:40くらい。
それでもスタートは12:40なのでそこそこ時間はありました。

施設内の駐車場は完全に埋まっており、河川敷に駐車。
車の案内もそうですが、全般的に運営はスムーズで印象も良かったです。
龍勢ヒルクライムの運営も手馴れた感じでしたし、R&I主催のレースは
大体こんな感じなんでしょうか。

IMG_1019.jpg
会場は和気あいあいムード。しかしコースからは時折激しい落車音が・・


【アップ】

受付を済ませてアップ開始。
何だかんだで30分くらいしか時間が取れなかったので、
利根川の側道往復のみでアップ。
向い風方向に15分くらい走り、時間が来たところでUターン。
龍勢の時の反省を生かして今回は心拍182まで上げておきました。
結果、これは良かったように思います。
今回のレース中も心拍180以上で走る場面が多かったので。

車に戻ってウェアを整えて会場へ。
天気予報に反してかなり良い天気だった為、
半袖ジャージ+レーパンに、ニーウォーマーのみで臨みました。
しにゃさんもほぼ同じ格好。


【レース】

今回は1.5kmを10周する、約15kmのレースです。
コースレイアウトはこちら→「コースマップ」
スタート側が下り、ゴール側が上りになっています。

前の組が若干押していた為、2分遅れでのスタートとなりました。
スタート直前はいつも緊張します・・。
エンデューロではないので、スタートからいきなり速い。
しにゃさんはススッと前の方に上がっていきましたが、
自分は出遅れて十数メートル後方に位置。

このコースは幅の狭い部分が多く、直線が殆どありません。
そのため、20~30人の集団で進んでいる状況では
なかなか前に出られません。
また、このコースレイアウトではしょうがないとは思うのですが、
いきなり横にスライドする人が居る為
ヒヤッとする場面が多かったです。
レース後半では、しにゃさんが後ろからの接触を受けたそうです。
リヤディレイラーに後ろの人のホイールが接触したとか。
私の位置からも「キンッ!」と音がして、しにゃさんと後ろの人が
互いに弾かれているのが見えました。
デンジャー。。

3~4周目くらい走ったところで
ようやく集団の先頭が見えるところまで出られました。
しにゃさんも時折、先頭を引いているのが見えます。さすが。

5~6周目辺りになると、先頭が膠着状態に入ります。
先頭譲り合いというかお見合いと言うか、
完全にけん制が入っている感じです。
序盤に比べると明らかなスローペース。
しにゃさんは引き疲れからか、若干後退。
自分はさらにその後ろに位置していました。

スプリント合戦になったら自分は間違いなく置いていかれるので、
行くなら最終周より前、と考えていました。
まだ逃げるには早すぎましたが、様子見を兼ねて前に出てみる事に。
ゴールの登りに差し掛かるやや手前から加速して、
アウト側から一気に先頭へ。
この時点で、確か7周目が終わる辺り。

先頭のまま8周目に突入。
後ろをちらりとみると、集団は若干縦長になったように見えました。
流石に大集団なので、私の加速くらいでは
全然バラける気配はありません。
心拍は184まで上がってしまっていたので、半周くらいでおとなしく後退・・。
しようと速度を落とすも、誰も前に出てきません(汗)
困った。
既に心拍が一杯なので加速し直す訳にも行かず、
ゆるゆると減速しながら先頭のまま8周目を終了。

9周目。
メーターは見ていませんでしたが、おそらく30km/hを切るであろう速度。
先頭は私のまま。
これレースとして不味いんじゃないかなぁ・・と考えていると、
アウト側からアンカーの招待選手が3人飛び出していきました。
それと同時に後ろの集団もバラバラになりながら加速。
これで先頭から開放されました。。
・・が、自分にとってはカウンターアタックに近い状況。
ドラフティングでなんとか集団に食い下がろうとしますが
一回上がった心拍がなかなか落ち着かない。
10人以上、もう何人に抜かれたか分からないところで9周目終了。

最終周回。
ひーこら走っていると、前の方からぽろぽろと人が・・。
先ほどの招待選手の引きに着いていけなくなった人が居る様子。
これはまだ行けるのかも、と思い
残り500mくらいからシッティングで回転加速。
ゴール前が200mくらいの緩い坂になっているのですが、
その手前付近から何人かをパス。
イン側が空いていたのが幸いして、障害なく前に出られました。

最後の登り。
前は20~30mくらい先に居たので、抜くのはまず無理な状況。
6位くらいには入れそうな気がしてきた為、
今度は後ろが気になり出しました。
そしてちらっと後ろを振り返った瞬間、前方でガシャーンと派手な落車音!
えっ、と思って前を向くと道のど真ん中に転倒者とバイク。
自分はイン側に寄っていた為、僅かにハンドルを切って回避。
しかし集団が居るであろう後方からはかなり混沌とした空気が・・。

結局そのままの位置でゴール。
ゴールスプリントで差されなかったのは、後悔が無くて良かったです。
順位は前述の通り、クラスで4位でした。
しにゃさんは2度の接触と前方での落車が影響して順位振るわず。
残念無念。。

IMG_1048.jpg
しにゃさん撮影。初のお立ち台です。

IMG_1029.jpg
走り終えた二台。サーベロはリヤエンドが曲がり、アウターワイヤーがボロボロに・・。


【帰路】

行きもそうだったのですが、
利根川沿い → 464号線(北総線沿い) → 6号線
のルートで帰還しました。
しかし松戸付近が渋滞する為、464を使わず単純に
利根川沿い → 6号 とした方が良いかもしれません。


【オーバーホール】

池袋到着後は、荷物を降ろして給油して車を返却して・・となるのですが、
無理を言って途中で降ろしてもらい、なるしまフレンドに
オーバーホールに出して来ました。
特に大きなトラブルはありませんが、お気に入りのEA90SLXをはじめ
各パーツもノーメンテでずっと酷使しているので。。
買ってからの走行距離はおおよそ13,000kmです。

期間は約2週間程見て下さい、との事でした。



これにて私の今年のレースは終了です!
春・夏・秋と、色々なレースにてご一緒いただいた皆さん、
ありがとうございました!
お蔭様で大きなトラブルも無く、
一年を終えることが出来ましたm(_ _)m

来年も同じようなペースで続けていくつもりですので、
宜しくお付き合い下さい~
スポンサーサイト
2009.11.30 Mon l レース l コメント (6) トラックバック (0) l top
シーズンオフと言うことで、巷のローディな方々は
練習量を減らして来ていますね。
Boot-legな人々は相変わらずの練習量のようですが(笑)

私は今週全く乗れませんでしたが、
今年最後のレースとして11/29のセオフェスがありますので、
週末はそれなりに乗るつもりです。
明日土曜は奥多摩か三浦方面でLSDかメディオでも。
日曜はredbootさん、しにゃさんとセオフェスの試走に行く予定です。

元々松戸に住んでいましたが、利根川下流方面には
全く行った事が無いので楽しみです。
2009.11.20 Fri l その他 l コメント (1) トラックバック (0) l top
男子Bクラス19位でした。
クラスの分母ははっきりしませんが、多分100人くらいだと思います。

男子Bクラス 18/111位。
タイムは47分41秒。
レース区間では 平均177bpm/84rpm でした。
次回からはこれを基準に出来ますね。

IMG_0976.jpg


【自宅~秩父】

午前3時に川崎駅付近まで自転車で向かい、車をレンタル。
そのまま自転車を分解して後部座席へ乗せ、一度家へ戻ります。
着替えなり食料なりを積み込んで、4時付近に出発。
土地勘が無い為、ナビに案内されるままに高速を乗り継ぎます。
浜川崎IC→首都高→外環→関越と来て、花園ICまで。
そこからは一般道と有料道路で30km程です。

IMG_0957.jpg

6時過ぎに到着。
どこが受け付け会場なのか確認していなかったので
一度通り過ぎてしまいました(汗)
受付会場は吉田中学校です。
時間が早いせいか、辺り一面もや~っとしています。とっても寒い。。
6時受付開始とのことなので、まずは受付を済ませます。

IMG_0959.jpg
トラックを利用した特設ステージ。正面奥のほうが受付になります。

受付で早速しにゃさんとTさん(バイカーコンビ)と遭遇。
来る途中で既にメールを貰っていたのですが、
えらい早く着いていたようです。5:30くらい到着?


【アップ~スタート】

受付を済ませたあと、ドリンクを作ったりゼッケンを張ったり
30分ほど準備に時間を費やし、いざアップへ。
実際のコースは走れるのかな?と向かうと、何の問題も無く走れる模様。
時間もあるので、鳥居付近まで行くことにしました。

ほぼ斜度ゼロから始まって、だんだんと勾配が上がっていきます。
アップには丁度良いかもしれません。
面倒くさがってローラーを持って来なかったのですが、
これなら必要無いですね。
少しずつ心拍を上げて行き、177付近で終了。
鳥居を曲がって少し激坂を上がったところでへこたれました。
後から考えると、ここで180以上まで上げておくべきだったかも。
下り途中でしにゃさん達とすれ違う。
やっぱり皆さんアップはここですか。

会場まで戻って下山用荷物を準備。
トラックまで行こうとしたところで「しばぞーさーん」と声を掛けられる。
見ればうひょくんとK山主将のWASAのお二人。
(写真撮り忘れたーー)
うひょくんはエントリー出来なかったんじゃ・・?と思ったら
今日は運転手兼カメラマンだとか(笑)
「今日は写真撮りまくりますよ~」との事。
選手より先に上がって待ち構えるそうで。って、
スタート間際まで会場に居て、さらっとそんな事ができるのも
うひょくんならではですね(笑)

二人に元気を貰いつつ荷物をトラックへ預け、開会式へ。
競技説明が行われた後、スタート地点でクラス順に並びます。
これまでは最後尾からのスタートが多かったので、
今回は前に出られるよう、中盤よりやや前に陣取りました。

9時20分から、各クラス3分置きにスタートします。
エキスパート、Aクラス、と来て、9時26分に我が男子Bクラスもスタートです。
号砲が鳴ってスタート!ですが、坂が始まる万年橋までの
2km程はパレード走行です。


【レース】

万年橋までは、集団内での位置は変わらず。(=動けず)
万年橋を過ぎて集団のペースが上がったところから
じりじり前に出て行きました。
3~5%の坂が続くところで、常に35km/hオーバー。
おー、いい調子で進んでるなぁ~なんてのんきに考えていたら
既に心拍が180を超えていた。。
この時点ではそんなに苦しいと感じていなかったのですが
完全に集団のペースに振り回されています。
とはいえここで引き離されるのも勿体無いので、
しばらく頑張って着いて行ってみる事に。

鳥居までなら着いていけるだろうと思っていたけれど、甘かった。。
鳥居の前にも10%クラスの坂があります。
その辺りでずるずると離され、敢えなく一人旅に orz
前には20人くらい行ったのかなぁ。。
そして、そんないっぱいっぱいの状態で鳥居に到着。
試走の経験が全く生かされていない(汗)
一気に斜度が上がって13%程。

押して歩く人、蛇行している人、前にスタートした人達が
みんなそれぞれに苦戦していますが、
かく言う自分も超スローリーなペースに。
必死にハンドルにかじりつきますが、既に乳酸満タン状態で突っ込んでいますので
スピードは時速10km/hを切ってしまいます。
にも関わらず心拍はMAXの185を記録。
この坂が数百メートルであることは分かっているので、我慢あるのみ。
ダンシングする余裕は無いですが、なんとかシッティングのままクリア。
途中、ペースが落ちすぎて同クラスの選手にも抜かれました。
完全にダメパターンにはまってますがな。。

そこからは比較的緩い斜面が続きますが、
一度上がった心拍がなかなか下がってきません。
飛ばしどころなのに飛ばせなくて、もどかしい。
出せて15km/hくらい。
ここからマシな状態に戻るのに3kmほどかかりました。
途中、うひょくんが予告どおりカメラを構えて
応援してくれたのですが、手を上げることすら叶わず。
申し訳ない・・。

その後、なんとか心拍が落ち着いて来た為
一定ペースで刻んでいると、来た道の方から
バイクのエンジン音がバリバリと・・。
後続集団きたー!
今回、集団の先頭には先導車が着いているのです。
3分後にスタートした人達に追いつかれてしまったか。。

近付いてくるエンジン音に追い立てられながら
必死に走りますが、敢えなくバイクに抜かれます。
そしてその直後に、3名ほどの男子Cの選手にごぼう抜かれ。
はやっ!
「まじですか~(泣)」と驚きを声にして伝えると、先頭の方は
にやっとニヒルな笑みを返してくれました。カッコよすぎる(笑)
と、ついでに男子Bの選手にまで抜かれました。
完全一人旅だと思ってたけど、後ろに来てたのか・・
流石にこれは見過ごせず、力を振り絞って追撃します。

着かず離れずくらいのペースで食らい付いていると、
前方に見慣れたジャージの男子A選手が。
しにゃさんでした。
おおー!と思いつつも、こちらはスパートペースですので
追い抜きつつ「しにゃさん!」と声を掛けました。
答えてくれたのを確認しつつ前に向き直りましたが、妙でした。
普段の実力差から言って追いつくのは変です。
このときは調子悪いのかな?くらいしか考えられませんでしたが、
後から聞いたところ病み上がりだったとの事。
前日まで熱で寝込んでいたそうです。
それでヒルクライムレースというのは、出るだけでも
キツそうなものですが。。

その後、コースはダウンヒルへ。
このコースは一箇所だけ下りが有るのです。
最近、自分は下りが超ヘタだと認識を新たにしているのですが、
例に漏れず、ここでもロスしまくりのコーナーリング。
なんとか食らい付いていた前の選手との距離も開いてしまいます。
ここからゴール近くまで、なんとかこの選手を抜こうと
一定距離を維持しつつ登り続けましたが、
残り500mの看板が出たところで完全に諦めました(笑)

と、そこで後ろからさらに男子Bの選手が。
ちょっと待ってー、こんなところで抜かれるなんてイヤ過ぎる(悲)
がむしゃらのダンシングもどきで追います。
距離は徐々に詰まって行き、抜ける!と思ったのですが
「ここからは一列でお願いしまーす!」と係りの人の声。
がくっ。。
なるほど、この手前まででスプリントしないとダメなのか。。
残念な感じでそのままゴール。

いやー、後半持ち直したけれど、鳥居直後が勿体無い。
ペース配分でカバーすると言うより、
ダンシングとかで鳥居をさくっとクリアできる力を付けたい。

ちなみに今回走った装備は、上がCRAFTの長袖インナーと
Boot-Legジャージ。
下はレーパン+ニーウォーマーでした。
秩父は結構寒いですが、レースになるとやはり冬装備では暑いんですよね。
(しかも今日は途中からかなり暑くなりましたし。)

ニーウォーマーは膝の件でred-bootさんが
オススメされていたので買っておいたのですが、
これがあれば装備にかなり柔軟性が持たせられますね。
私もオススメします。
ちなみに自分が買ったのは、パールイズミのものです。


【レース後~下山】

IMG_0965.jpg

ゴール地点でしにゃさん、Tさんと合流。
あと、リザルトが張られている掲示板付近で
K山主将とも少しお話しました。
今回はエキスパートで10位だったとの事。
タイムは去年と殆ど変わらなかったそうですが、
沖縄で燃え尽きた後でもきっちり成績を残すのは
やっぱり普段の練習の賜物なんでしょうね~。

ゴール地点では「玉こんにゃく煮」と「甘酒」が配られます。
これは温まります!
でもできればもっと広いところか、下山した後にゆっくり食べたいかも。
というのも、狭いところに人がひしめいているので
置くところが無いんですよね。。
甘酒持ちながら箸でこんにゃく食べるのは不可能ですし(笑)

しばらくまったりした後、しにゃさん達と下山。

IMG_0968.jpg

来たコースとは別のルートで下山するのですが、
この下山ルートがまた。。
舗装は荒れ放題。場所によっては落ち葉が敷き詰められ、
湧き水で路面が濡れている場所も。
そして大体一車線と言える幅なのですが、下から登って来る車有り。

回りの人と「なんじゃこりゃー」とか言いながら下山しました(笑)
私はコースアウトする事2回。ダートと落ち葉に突っ込みました。
何とか転倒はしませんでしたが。。
下山するまでに、パンク修理してた人が10人は居たような^^;

IMG_0980.jpg

会場まで戻り、タグを返します。
上の写真は、Tさんがリザルトをデジカメで撮ってあった為、
再確認しているところ。

バイカーのお二人は、他の仲間と合流して温泉に入っていくとの事。
自分は(眠気で)無事帰り着けるか心配だった為、
挨拶をして早々においとましました。
また次の機会にご一緒しましょう~

ちなみにWASAのお二人とは下山後は会えませんでした。
我々は上で大分のんびりしてたので、
その間に下山されたのだと思います。


【帰路】

往路と同じルートで帰還。
都心縦断のルートなので首都高あたり混むかな?と思いましたが
思いのほか順調に流れており、2時間半程で川崎に着きました。

IMG_0984.jpg

川崎に着いた後は、ガソリン満タンにしてレンタカーを返して終了です。
これくらいの距離であれば一日で遠征できますね。
富士のときは流石に遠いので前泊しましたけれども。

2009.11.15 Sun l レース l コメント (9) トラックバック (0) l top
11月初めからまた仕事がヒートアップしてきたため、
落ち着いて記事が書けません。
月毎のまとめとか、すっとばしまくりです。
隙間時間の使い方が下手ですなぁ。


【11/7(土)】 ヤビツTT

龍勢前の最後のチャンスと思い、再びヤビツへ。
10月半ばに行った時は膝の痛みで
まともに完走できなかったけれど、今回はどうか。

膝に余計な負担をかけないよう、行きから輪行しました。
東海道線で二宮まで。
そこからアップがてら10km程北上してヤビツに到着です。

IMG_0947.jpg

これまでのベストは今年の5月末にTTしたときのもの。
コンビニから 33分35秒 です。
このときは富士HC直前だったため、練習の頻度も高く気力も十分。
また、redbootさん・しにゃさんにお付き合いいただいていたので
モチベーションも高かったです。
今回はこのタイムを目標に頑張ってみます。

コンビニから1本目スタート。
心拍170以下キープで、2本目に備えるアップのような感じで。
登り方を体が忘れているのか、イマイチ進みが悪い気がします。
そして心拍160台の割になんだかぜーはーします。
スパートもせずにゴール。

1本目・・・37分46秒

これはイカン。。
4分も遅いのか。

全力で走れば3分くらい縮まらないかなー、と思い
直ぐにコンビにまで取って返し、2本目スタート。
メーターを見ていると、初めの蓑毛までの坂では
時速10km付近まで落ちています。
斜度10%って富士でも普通にあったような気がするんだけど・・。
ここまでゆっくりだったかな?と思いつつ。
心拍も、上は180から下は160までと安定しません。
なんとかまともなタイムを出したいと思い、スパートしつつゴール。

2本目・・・35分14秒

んー、しょうがない。
練習頻度も落ちてるし、これが今のベストなのかな。
しかし、登りで回転が維持できなくなっています。
何でだろう。
知らず知らずのうちにケイデンスが60~70付近まで落ちてしまいます。
平均で見ても、以前より15回転くらい低めの数値。

1本目・・・37分46秒 76rpm 166bpm
2本目・・・35分14秒 73rpm 174bpm
以前 ・・・33分35秒 87rpm 174bpm

高心拍の練習を積んでいないから心肺が弱っている?
だから踏み込み重視になってるのだろうか。
龍勢は一応回転を意識して走ってみよう。
心肺が直ぐに悲鳴を上げるようならトルクに切り替える方向で。

2回登っても膝には異常が出なかった為、
帰りは自走で帰りました。

走行距離:106.12km

ちなみにヤビツでは舗装工事が始まっていますので、
菜の花台より後の区間で、1km程未舗装部分があります
これから行かれる方はお気をつけ下さい~



【11/10(火)】 インターバル&ジャンプ

あじさい寺へ行くつもりが寝坊しました。
通常2時間の朝練が1時間とちょっと。
足は回復してるのにどうするべきか?と考え、この日は
以前に見て気になっていた瞬発力の練習をやってみることにしました。
鶴見川で新横浜付近まで向かい、橋のたもとにてジャンプ数回。
スニーカーを手軽に持っていく手段が無かった為、
シューズを脱いで厚手の替え靴下にて。
ボックスジャンプはシューズが無いと着地で足裏が痛すぎるのでやめました。

その後、人通りの無い区間で8本だけインターバル。(1分全力1分レスト)
平地インターバルなんて半年振りくらいにやりましたが、
めっちゃきつかったです。。
一応あじさい寺練もインターバルのつもりでしたが、
今回のは乳酸の溜まり方が半端では無かったです。
これはレスト1分という設定が響いているのかも。
あじさい寺では毎回2分以上休めますので。

ついでに、当日の間は特になんとも無かったのですが、
翌日に重度の筋肉痛に襲われました。
階段とかなんとか関係なく、平地を歩くのもしんどいです。
これもインターバルのせいだろうなぁ・・。


横浜マリンサイクルフェスタ-開催中止

スポーツエントリー経由で中止のお知らせが来てました。
なんで~(悲)
理由は特に書いてありませんでしたが、
噂によればコースがらみの問題らしいとかなんとか。
初回で中止って事は、来年以降も無しですかね。
近場の大会が増えていいなぁと思っていたのですが、残念。

2009.11.12 Thu l 練習 l コメント (4) トラックバック (0) l top
この週末は松戸の実家まで帰省したので、練習はその往復+αです。
往路は直行でしたが、復路はCRを繋いで大回りして帰ってきました。

【10.30(土)】松戸まで移動
川崎~松戸間を車に合わせて適当ペースで。
15号 → 昭和通り → 6号 にて帰省。

走行距離:43.30km


【11.1(日)】LSD+ソリア走
松戸からCRメインで川崎へ帰るルート。
江戸川 → 利根川 → 渡良瀬遊水地 → 利根川 → 一般道 → 荒川
LSDで距離を稼ぎます。

松戸付近から江戸川CRに入り、終点の関宿を目指します。
心拍はひたすら120で。
もう何度か走っていますが、相変わらず周辺に何もありません。
サイクリストを含め、サイクリングロード上にあまり人が居ないので
多摩サイより格段に暇です。
ただ、ほぼノンストップで走れますし、路面も綺麗なので
一人練習には良いなぁと前から思っていました。
IMG_0914.jpg
朝もやがなかなか晴れず、寒かったです

黙々と2時間弱走り、関宿へ到着。
なんだか我慢強さが養われた気がします。。

IMG_0922.jpg
妙なのぼりのせいで、普段よりチープに見えます(汗)
IMG_0926.jpg
関宿から西側の橋を渡ると、利根川CRへ接続できます。
利根川沿いを暫く西に向かい、途中の渡良瀬川から北上。
渡良瀬遊水地へ到着。
IMG_0929.jpg
IMG_0930.jpg
谷中湖の中央部に入ってみたかったのですが、
エントランスが小学生マラソンのゴールになっており、人がごった返している・・。
とても入れそうに無かったのでスルー。(実は前回もNGで、スルー2回目 orz)
再度南下し、利根川でさらに西進します。

途中のコンビニ休憩中にredbootさんにメール。
本日納車との事だったので、皇居に寄って行くつもりだったのです。

その後も利根川を西進し、羽生市の県道20号で南に折れます。
そこからはひたすら南へ一直線。
一本道ですが、途中で県道306号に変わります。

IMG_0934.jpg
片側一車線ですが、車通りはそれほど多くなく、信号も多くありません。
ちなみにすぐ脇に、自転車も走れる「さきたま緑道」があります。
以前走ってみましたがロード向きではありませんでしたので、
素直に県道を行くのが無難です。

ひとしきり走ると荒川へぶつかりますので、
吉見運動公園から荒川サイクリングロードへ。
この時点で時計を見ると、先ほどredbootさんに伝えた時間に
間に合いそうにありません(汗)その旨をメールし、
ここからはひたすらソリアで都内へ向かいました。

補給なしで走り続けましたが、都内に入って千石あたりで限界に。
一旦コンビニで最低限の補給をし、14:30に皇居へ到着。
電話を入れ、redbootさんと合流~

IMG_0935.jpg
じゃーん。噂のNewバイクです!
IMG_0937.jpg
感想を言葉に出来ず「どうなんだ?」と自問中のredbootさん(笑)勿論良いモノです。

LOOKより縦剛性が高くなっているそうで、
得意のスプリントにはプラス要素ですね。
そして車重は前よりグッと軽くなっている模様。
ホイールもヒルクラ用途にも使えるくらい軽量ですので、
全体的に色んな場面で後押ししてくれそうなスペックです!
今年はシーズンオフ突入ですので、本格的な活躍は来年からですかね~

そしてこの後、奥多摩帰りのしにゃさんも合流され、
3人で話しながらのんびりとパレサイを流します。
今回、しにゃさんのサーベロはシマノのペダルになっていたので、
お願いして乗せてもらう事に。

IMG_0939.jpg
RFX8に乗るしにゃさん。違和感が^^;

乗った途端、強制的にしにゃさんの超コンパクトポジションに。
ハンドル幅が390くらいだそうで(RFX8は420)、腕が自然に内側に畳まれます。
そしてハンドル落差が大きいのですが、何故かブラケットは違和感無く握れます。
サドルからの距離の問題?
そう言えばRFX8のステムは一気に3センチ伸ばて放置したままだった・・
下ハン時は、流石に低すぎて上手く足が回りませんでした。
SRAMのシフトレバーも色々いじらせて貰いましたが、シマノとかなり違いますね。
シマノに比べてブレーキが格段に引きやすいし、一本のシフトレバーだけで
アップもダウンもできる機構が面白いです。
引いた状態で操作できるスプリンターシフトもカッコいい。

そんなこんなでひとしきり走った後、
近場のタリーズで軽くコーヒーを飲み、解散しました。

帰りはかなり足が終わっていましたが、
頑張ってソリア心拍で帰宅。久々にがっつり走れました。
とは言え、まだまともに坂を登れていないので
明後日の祭日は再度ヤビツでTTするつもりです。

昨日・今日も膝痛の再発はなし。
不安が全く無いかといえば、そうでもないですが。。


091102走行軌跡

走行距離:201.74km


2009.11.02 Mon l 練習 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。