上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
本日は大井埠頭にてチーム練。
redbootさん、しにゃさん、ヤンくん、それと私の計4人です。

9時付近に現地に着いたけれど、公園には誰もおらず。
数分待ったところでヤン君、redbootさんの順に登場。
redbootさんは既に二周走られたとの事で、息を切らしていました。
9:15分くらいに練習開始。しにゃさんは一周目の途中で合流されました。

IMG_0803.jpg
大井埠頭は今日も賑わってます。大学の部活動?らしき集団も。

今日は強度が高かったのか、自分がへたれてるのか
集団についていくのがひじょーに辛かった。。
3周目辺りで、向い風の中を引いた直後くらいに切れました。
ペースが速い~~
一度切れたら自力で復帰するのは無理です(笑)

それでも練習と思い、頑張って踏み続けます。
途中で、同じく切れたredbootさんを吸収。
ローテーションしながら前の二人を追いますが、なかなか見えてこない。
一体どこまで行ったんだ(汗)
しばらーくして、公園前の信号ストップでようやく追いつきます。

その後も暫くローテーションして回したり切れたりを繰り返していましたが、
4~5周回ったところで休憩。しばし歓談。

IMG_0801.jpg
11時近くなると人がはけてきます

はぁ。
来週の新横が思いやられる練習内容になってしまった。
ここのところ無酸素系の練習をしていなかったから
踏ん張りがきかないのかな?今週はあじさい練行っておこう。

redbootさんは早上がりされるということで、11時前には離脱されました。
我々3名は残り2周を流し、本日の練習は終了。
私は来週のレースの為の買い物をしたかったので
なるしまに行くことにします。
道が良く分からないのでお二人に先導してもらいつつ皇居まで。

IMG_0806.jpg
三田付近。東京タワーがどーんと現れます。

なるしまは方角的には桜田門から西になるのですが、皇居は時計回りはしづらいそうで。
言葉に従い、反時計回りで一周してから向かうことにします。
皇居の東側一帯は噂の「パレスサイクリング」
一般道が自転車向けに開放されていました。
これはのんびり走るにはいいですね。皇居を横目に眺めつつ走れます。
ちなみに、途中に信号が何箇所かあり、ノンストップで走るのは無理です。
IMG_0807.jpg
IMG_0808.jpg

しにゃさんはここを少し流して行くとの事で、ここでお別れ。
そのあとはヤンくんに案内してもらいなるしままで。
二人になったところでヤンくんのペースがさらに上がる(笑)
ひぃー

千駄ヶ谷付近を通ってなるしま到着。
しかしこの雰囲気は・・。なんと臨時休業orz
あう。土日は事前のHPチェックが必須でした。
仕方ないのでmapスポーツへ向かい、私はサプリメントを購入。
ヤンくんとはここでお別れしました。

その後は武蔵小山に寄り道し、セキヤでタイヤとジェルを追加購入。
しかしCCDを買い忘れ。。
これは仕事帰りにでも買えば良いかな。
その後、中原街道と多摩サイを使って帰宅。


走行距離 121.73km
スポンサーサイト
2009.09.28 Mon l 練習 l コメント (4) トラックバック (0) l top
本文は後程


走行距離 95.80km
獲得標高 2152m
2009.09.28 Mon l ツーリング l コメント (0) トラックバック (0) l top
日付は遡ってシルバーウィーク初日。
泊まりを含めたロングツーリングに行って来ました。
予約した宿は
19(土)が諏訪湖の湖畔(上諏訪)、
20(日)が直江津です。

今年の5月にもロングツーリングに行っており、そのときは
1泊目が高崎、2泊目が直江津、3日目に新幹線輪行で帰宅という感じでした。
今回は直前になって計画を考えたため、途中のルートは変えつつも
終点は直江津という、焼き直しツーリングです。


【前回】

前回の最大の目的は、渋峠からの景色を眺めることでした。
しかし、あいにくの雲天。
渋峠からの景観は「ロードバイクの科学」に見開きの写真がありまして、
そんな景色を見られたらなぁと思って行ったのですが・・。
040520091029.jpg
渋峠に到達するも・・・
040520091030.jpg
一面真っ白。100m先も見えません(悲)

ちなみに渋峠を含む2日目の行程は、走行距離210km、獲得標高4500mという
(私にとって)かなりハードなものでした。
スタートも遅かったので、宿に着いたのは夜中の12時。
距離だけで計画してはイカンという事を、身を持って体験したツーリングでした。

040520091037.jpg
日が落ちても志賀高原を抜け切れず・・・
040520091040.jpg
直江津に着いたのは深夜12時。

今回は初日が若干キツめですが、2日目は下り基調なので
大丈夫だろう、との見込みでおりました。


【川崎~高尾】

予定より若干遅れて7:00出発。
この日はひたすら20号で諏訪湖を目指す事になります。
相模湖より先は未体験ゾーンですが、はてさて・・。

まずは朝練のごとく1号から多摩サイへ。LSDペースでまったりと出発です。
時間が遅目なこともあり、多摩サイは若干混んでいました。とは言え
ゆっくり走る分には支障ありませんでしたので、側道は使いませんでした。
多摩サイから高尾まではカズさんに教わった浅川CRを使います。
これなら車に追い立てられることも無く、マイペースで行けます。

20090919_006.jpg
浅川CR終盤の高尾付近。いたって平和です。
20090919_009.jpg
高尾は人ごみであふれていました。バスもひっきりなしに来ます。

高尾駅前のセブンイレブンで小休止。この時点で9:30くらい。
高尾付近は若干混んでいますが、走行に支障を来たす程ではありません。


【大垂水~大月】

毎度おなじみの大垂水。普段なら気合を入れて臨むところですが、まだまだ先は長い・・
心拍160くらいを上限に、淡々と走り抜けます。
例の頂上らしからぬ頂上を通過し、停車することなくダウンヒルへ。
それほど道は混雑しておらず、すいすいとダウンヒルできました。
下りきってからは、ひたすら20号を西に進みます。

私は藤野から西へは行ったことが有りませんでしたので、以降は完全に未知の領域です。
20号と言えば大垂水ばかり引き合いに出されるので、
他は平坦なのかと思っていました。
が、どうしてなかなか、結構なアップダウンがあります。

しかし心は旅気分ですので、途中で停車しては
気になった景色を携帯でパチリ。まだまだ余裕です。

20090919_009_20090925021711.jpg
中央道、20号、中央線の3本が平行して走っています。

20090919_013.jpg
相模湖の西の果てのほう。東側とは少し趣が違いますね。水面までが近い?

20090919_017.jpg
東京から77km! もう引き返したくない距離です(笑)

このあたりに来て気付いたのですが、東京からの距離がかなりこまめに表示されています。
殆ど百メートル置きかな?じわじわっと進んでいる感が。
ちなみに自分は川崎から出発していますが、この表示に+3kmすると
サイコンの走行距離と一致します。なので殆ど、
本日の走行距離をあらわしていると言って良いですね。

暫くアップダウンをこなした後、名所らしい「猿橋」に寄り道します。
謂れも何も知らないまま立ち寄ったのですが、
景観を楽しむだけでも寄る価値はあるかと思います。

20090919_022.jpg
現存する唯一の刎橋(はねばし)なのだそうで。

20090919_024.jpg
両岸から、中空に向けて徐々に木材を刎ね出して作ってあるそうです。橋の長さは約30m。

20090919_025.jpg
崖と崖を繋いでいるので水面までが遠いです。水面下は深い深い緑。

橋の上からの景観はなかなかのものでした。
かなり水面から高い位置に橋が架かっていますので、
高所恐怖症の方は気をつけたほうが良いかも知れません。
ひとしきり見て回った後、再出発。
高尾から補給無しでしたので、猿橋駅近くのセブンで一休み。
ここまで来ると大月は目の前です。

大月の直前で、20号は市街地とバイパスとの2方向に分岐しますが、
大月市街に特に用事は無いので、ここは向かって左のバイパスを進みました。


【笹子~甲府】

大月の駅を過ぎると、笹子町(大月市笹子町)に入ります。
そして20号の大きな節目が。

20090919_029.jpg
東京から数えて100kmの地点。本日の走行距離もほぼ100kmです。・・・勝沼ってどこ?

さすがに立ち止まって写真を撮ります(笑)
このあたりで丁度12:00付近。
出発が7:00ですので、5時間で100kmというペース。大分のんびりかな?
本日の全行程はおおよそで210kmの筈ですので、距離的にはまだ半分行っていません。

と、自転車に跨ってこんな標識をばしばし撮っていたからか、
地元の方に声を掛けられます。
「どこまで乗っていくの?」
「あ、諏訪湖です~」
「諏訪湖?なら今日中には無理だねぇ」
・・・言われて一瞬ドキッとしました。
いやいや。ここまで5時間で来たのだから、あと6時間とかで着く筈・・。
そんな算段をお話すると、「なら大丈夫かな」と言って下さいました。
ひょっとして全然無理な計画なのか?と不安がよぎり、心臓に悪かったです(笑)

でも確かに、本日のメインとなる峠はまだこれからだし、
確か甲府から諏訪湖までも登りだった筈です。
うーん。このペースはまずいかも・・・

笹子町に入ってからは、あからさまに登り基調になります。
そして、何故かサイクリストが増えてきます。
みんな笹子峠を目指してるんですかね?
サンデーライディングな感じの方が多く、大体の方は
ごくごくゆっくりなペースで漕いでおられます。
私も笹子峠が控えていることを重々承知していますので、
無理にペースは上げず、心拍は150付近に留めます。

笹子町に入ってからがやたらと長いのですが、ようやく笹子駅を通り過ぎ、
(平べったい作りの駅で、初め公民館か何かかと思いました・・)
噂の笹子峠入り口へ到着。

20090919_030.jpg
左が笹子峠行き。右が笹子トンネル行きです。

20090919_033.jpg
笹子トンネルは長くて暗くて危ないらしいです。危うきには近寄らず。。

この分岐点から頂上までは約6km、300mほどを上ります。
平均勾配は約5%。斜度の高いところでも8%くらいですので
そんなにきつい峠ではありません。
心拍160平均くらいでスルスルと登っていきます。

スタート直後は畑の横を進んで行く感じですが、
途中からは木がうっそうと茂る山道に。
とは言え道路の舗装状態は悪くありません。
雰囲気はヤビツの中腹に似ています。ただ、車や自転車は全く通らず、
ときおりハイキング客とすれ違うくらいです。

25分程をかけて、山頂に到着。
山頂とは言っても、「笹子隋道」と呼ばれるトンネルの入り口です。

20090919_034.jpg
明治天皇が山梨巡幸で休憩した事を記念する石碑だとか。このときは内容を読みませんでした(汗)

20090919_035.jpg
元来た道。森の中を抜けてくる感じです。

20090919_040.jpg
大月側のトンネル入り口。反対側出口が点のように見えます。

少し休んでから、いざトンネルへ。
トンネル内は凄く暗い!照明なんて全くありません。
足元も見えないので、自転車に乗っていると不思議な感覚に。
道が一直線に伸びているのが救いで、反対側出口の明かりを頼りに進みます。

20090919_042.jpg
これは出口近付。

20090919_043.jpg
トンネルを抜けると甲州市に入ります。

20090919_044.jpg
振り返ったところ。トンネル内は大月市なんですね。

トンネルを抜けた後はすぐ下りが始まります。
初めの数百メートルは半袖&レーパンで下っていたのですが、無茶苦茶寒い!
一応高度1000m付近ですので、下界より気温は低めです。
道路脇に停車しつつ、持参していたウィンドブレーカーとレッグウォーマーを着込みます。

20090919_048.jpg
完全に山と森の世界。人工物が見当たりません。

回りの景色を眺めた後、ダウンヒル再開。
車が全然通りませんので、道路を広めに使って下れます。
存分にダウンヒルを楽しみつつ、8kmほど下ったところで
再度20号に合流します。

甲府まではずーっと下り。
40km/hくらいで快調に飛ばします。

途中でコンビニ休憩を挟みますが、お昼も過ぎていますので
いい加減大休憩を入れたくなってきました。走行距離も140kmを越えています。
甲府市付近であれば何か有るだろうと、iPhoneでめぼしい食事どころを探します。
そして立ち寄ったのがこちら。

20090919_054.jpg
14:00過ぎなので、食事をする人は殆ど居ません。

「源泉湯 燈屋(あかりや)」
名前の通り、本来は(日帰り)温泉です。
その施設の中に有る食事処でお昼にする事にしました。
そもそもが温泉施設の為、食事だけの場合でも、
受付で札を受け取らなければいけません。(入場料は取られません)
これが少し面倒。

吹き抜けになっている食堂にどっかり座り込み、一息つきます。
そして、売りらしい「甲州地鶏の極上親子丼」を注文。
名前からして高そうですが、1380円なり。
名目は旅行なので、この辺は躊躇せず行きます(笑)

20090919_052.jpg
地鶏の親子丼。卵黄の色だと思いますが、通常の親子丼より濃いオレンジ色です。

卵はとろとろ。鶏肉も歯ごたえがあり(地鶏ならでは?)、美味しいです。
通常の親子丼と違い、全ての米が卵で包まれています。
一般家庭の、白米の上にのせる作り方とは違うみたいですね。
最後まで美味しくいただけました。

しばらくくつろいで、お店を出たのが14:40。
明るいうちに宿に着くのは無理かなぁ、と思い始めます。

20090919_058_20090926031259.jpg

ところで、甲府市付近の20号は非常に走りにくいです。
下り車線だけかもしれませんが、路肩がガタガタで危なすぎます。
ところどころ歩道へ回避しつつ進みました。


【甲府~諏訪湖】

甲府から諏訪湖までは微妙な登りになっており、
これが50kmくらい延々と続きます。
そしてタイミングが悪いことに、このあたりから向い風に変わります。
30km/h以上出せません。
あせっても仕方が無いので、景色を眺めつつマイペースで進みます。
ひたすらまっすぐなので、考え事もできます(笑)
はっきり決めていない翌日の行程もあれこれ考えつつ。。

20090919_062.jpg
田んぼ一面の稲。山間部と言うよりは、田園地帯です。

20090919_060.jpg
西の山に日が沈む~。

出来れば明るいうちに諏訪湖付近に辿り着きたい。
西に沈み行く太陽にあせりつつ漕いでいると、後輪から違和感が。

20090919_064.jpg

きたー!!!
このタイミングでか・・・・。後輪パンクです。
タイヤを外してチェックしてみるも、原因は不明。
どうもチューブの側面に穴が開いたようなのですが。

とりあえずタイヤを外し、チューブの穴をパッチでふさぎます。
そしてエアを再充填。走行距離は既に160kmを超えていますので、
ポンピングによる体力消耗も馬鹿になりません。
20分ほどを費やし、修理完了。余計な体力を使ったので、
少し前に通り過ぎたコンビニまで戻り、食料を補給します。

そして再スタート!の筈が。
1kmも行かないうちに、また後輪に違和感。明らかに空気が抜けている。
今度は何だと思ったら、先ほど充てたパッチの脇から空気が漏れていました。
ノオォォー、パンク修理ヘタすぎる! 今度は完全に自分のせいですorz

また修理ミスで時間ロスするのは避けたかったので、
予備チューブに交換しました。
初回のパンク原因が不明なままだったので少し不安でしたが、
その後は問題ありませんでした。

とは言え、これで予備チューブは使ってしまったし、修理用パッチも残り一枚しかない。
(2枚しか持っていなかった訳ではなく、他のは破損しておりました)
翌日も走る予定なのに、備えが無さ過ぎる。
諏訪まで行けばチューブを売っているお店くらい有ると思われますが、
次の日、早朝から出発することを考えたら、
今日のうちに予備チューブを調達する必要があります。

時間は既に18:00付近。
諏訪までまだ30kmありますので(しかも登っている途中)、
かなり頑張っても上諏訪の市街に入れるのは19時付近と思われます。
都心ならまだしも、地方で19時を過ぎてもやっている自転車屋さんって
皆無なんでは・・。
ともかく、19時にどこかのお店に飛び込むつもりで、先を急ぐ事にします。

18:00を過ぎると既に日は落ち、夜間ライドになります。
日没が早いような気がしますが、回りを山に囲まれているからでしょう。
ソリアペースで20号を登り続けていましたが、18:30頃に
ようやく下り道にさしかかります。下りでも踏みまくり、先を急ぎます。

茅野付近まで来ると、結構市街地らしい雰囲気になります。
これは自転車屋さんもあるかも!と思い、道端に急停車。
iphoneでマップ検索します。

IMG_0800.png
これは後日撮ったSS。文字を入れて検索すると、赤いピンがドカドカ降って来ます。

10km四方にいくつかショップがひっかかったので、
順繰りに電話していきます。
チューブを扱っていないところ、品切れのところ、本日もう終わりましたなところ、
後継者が居なくてロードの取り扱いやめました(!)なところ、など色々あり、
7件目くらいでようやく、在庫があり閉まっていないお店に当りました。
しかしお店は19時までらしく。
時刻は18:55で、お店までは約5km。
閉店に間に合わない旨を伝えると、15分くらいならいいですよ~との事。
ありがたやー(泣)

「飯田サイクルショップ」(写真なし)
見た目は普通の町の自転車屋さんですが、
DAHONの折り畳み等も扱っている様。
既に照明が落ちていて店内が良く見えなかったのですが、
23Cのチューブを扱っていると言うことはロードやMTBも扱っているのかもしれません。
ご主人もロードでツーリングに出掛けられるそうですし。

店ではなく工房の入り口からお邪魔し、チューブ2本とパッチをいただきました。
そして少し雑談。
このあたりからだと、日本海や太平洋にツーリングされることも有るそう。
「行きは走るけど、帰りは辛いだけだから輪行にする」そうです。
しかし何より、この辺りの山は景色も良いし最高だよ!と教えていただきました。
私の旅程についてもお話しましたが、直江津までひたすら国道を走るより、
この辺りの山を楽しむのも一つの選択肢、と提案いただきました。
なるほど・・。
地元なのにそれだけ推すということは、本当に気に入っていらっしゃるんだと思います。
ここから、二日目の旅程変更を考え始めました。

お礼を言ってお店を出ます。
これで明日もツーリングが続けられる。
・・・と、安心したら急に空腹感が(笑)
またiPhoneで周辺検索し、お店を探します。
今日一日、地図に電話にと使いまくっていたので
電池残量が10%付近まで落ち込んでいました。
宿までの道のりもiPhone頼みなので、ゼロにする訳にはいきません。
ここからは、使わないときはオフラインモードにしておきました。

20090919_065.jpg

「ハルピンラーメン」
地元では評判のラーメン屋さんらしいです。
結構混んでいて、ツーリング装備で入って行くと若干浮きます(笑)
そんな状態なので、写真は無し。カウンター席におとなしく座っていました。
ベーシックなハルピンラーメンを注文。味噌ベース?で
ニンニクがふんだんに使われている模様。
でも次の日に匂いが残っている感じはしませんでした。
やや甘めのスープで、普通の味噌ラーメンよりやさしい味わい。
私は好きな味です。近くにあったら通うと思います。
他のお客さんはニンニクラーメンを頼んでいる人が多かったですね。
お店の人に勧められた餃子も追加し、満足感に包まれつつ店を出ました。

宿までは残り僅か。
回転でもトルクでもない、ママチャリを漕ぐかのような
ゆっくりとしたペダリングで最後の一走り。
上諏訪駅を通り過ぎ宿に近付いたところで、
一応補給食を調達しておこうとコンビニに寄る事にしました。
駅周辺にはコンビニが見つからず、少し道を戻るような感じに。

コンビニから再度宿に向かうとき、違う道を通ったところ
お城にぶつかりました。

20090919_068_20090926024728.jpg
ライトアップされていて、夜でもはっきり見えます。

高島城というらしいです。
この日は丁度「お諏訪祭り」というのをやっていたらしく、
堀の内側からドンド・ドンドと太鼓の音が聞えました。

20090919_069.jpg
写真が暗くて見えにくいですが、城門です。

21:00
ようやく本日の宿「上諏訪ステーションホテル」に到着。
自転車はスタッフ用の出入り口付近に置かせてもらい、
チェックインを済ませます。
前払いなのでこの時支払いを済ませたのですが、
この辺りの宿は「入湯税」150円が別にかかるのですね。
予約時のメールにも書いてあったのですが、見落としていました。

着替えは基本的に持って来ていませんので、軽くシャワーを浴びた後に
せっせと手洗いします。一通り洗って干したら、その後は大浴場へ。
温泉にゆっくりつかり、一日目終了。

部屋に戻り、iPhoneマップで次の日のコースを考えていましたが、
決めきらないうちに寝落ちしました。

090918走行軌跡


走行距離 222.01km
獲得標高 2609m
2009.09.24 Thu l ツーリング l コメント (5) トラックバック (0) l top
redbootさん主催、ヒデさん案内のツーリングに行って来ました。
今回は、高尾から大垂水を越え、上野原から南下、
奥牧野を経由して道志みちで戻ってくるルートです。

090922走行軌跡(ちょっと重いです)

IMG_0790.jpg

7:45集合ということで、5:45起床。
のはずが30分寝坊。毎度こんな感じであります・・。
前回のような遅刻はマズイので、15分で準備を済ませて出発。
急ぐと何かしら忘れ物をしますが、この日は補給食を忘れました。
幸いドリンクをCCDにしていたので、これで持たせます。
1号を通る最短ルートで多摩サイへ向かいますが、連休前半のロングが効いているのか
足が非常に重い。丸一日休んだから大丈夫かと思ったけれど、回復し切らなかったか・・

7:40頃、集合場所の多摩川原橋に到着。
redbootさん・ヤンくんと合流し、まずは第二集合場所の高尾を目指します。
時間ギリギリなのでコンビニストップする時間は無し。
20号ではローテーションしながら進みますが、
ヤンくん先頭の時に、毎度信号スタートでぶつ切れ(汗)
足に余裕が無く、スタートダッシュに回せるエネルギーがありません。

20号と町田街道の交差地点で、お初のヒデさんと合流。
YOU CAN所属で、お話を聞くにかなりストイックに乗り込んでいらっしゃる様子。
実際、この日は殆どをヒデさんに引いていただきました。

この後、高尾駅前でのコンビニ補給を挟み、大垂水へ向かいます。
平坦部分からローテーションしながら進みますが、坂が始まってもペースが落ちない。
どういう交代順か忘れましたが、redbootさんが引いているときに
自分は心拍180台をマーク。これ以上は強度が上げられません。
ペースはそれ以上上がらなかったので、流れに任せてゴール。きつかった~。
後でふもとからの平均時速を見てみると、25km/h。きついはずです。
休憩はせず、そのままさくっと下ります。
このあたりは渋滞していなかったので、気持ちよくダウンヒルできました。

相模湖の北側、20号をまっすぐ西へ向かい上野原まで。
数日前に一人で走った道ですが、さすがに集団だと早いです。
上野原からは南に折れ、道志みち方面に向かいます。
そこからのアップダウンはかなりキツく、10%付近の勾配もちらほら。。
ずっとヒデさんが先頭を引き続けますが、全くペースが落ちません。タフだなぁ・・。
高尾あたりから全然休憩してませんので、アップダウンを含む40kmを
ほぼノンストップで走っていることになります。

これでもかと繰り返される登りが終わった後に、ようやく道志みちに合流。
ここからはほぼ下り基調です。
しかし、ここから何故かスプリント合戦。たまたま居合わせたサイクリストの方まで参戦(笑)
そんなこんなでさらに消耗したところで、ようやくコンビニ休憩。
牧馬峠からの下りと合流する地点のデイリーヤマザキです。

IMG_0781.jpg

ここは多くのサイクリストの休憩ポイントになっているようですね。
YOU CANジャージの方も何人か見えました。

休憩後は、橋本方面への帰宅ルートに乗ります。
しかしここからは渋滞が酷くなり、もっさり進行に。
連休なので普段の土日よりさらに混んでいたのかも知れません。

IMG_0783.jpg
ヤンくんの背中。がっちりしすぎで後ろに着くと前が見えません(笑)

尾根幹に近づいたところでヒデさんとはお別れ。
先導ありがとうございました!

そこからは尾根幹で帰るのみですが、丁度お昼時だというので
尾根幹脇のCOCO'Sでランチ休憩することにしました。

IMG_0791.jpg

昼休憩を挟んだ後、疲労度が浮き彫りに。
redbootさんが昼食を取って復活したらしく、快調に尾根幹を飛ばします。
最後尾の自分は足が死んでおり、どうにか回転で追いすがります(笑)
この日のツーリングで、ここが一番きつかった~。
それにしてもredbootさん、昼食後にこれだけ回復するのであれば、
補給食の中身を変えたらパフォーマンスをずっと維持できるんでは・・・?

お二人とは多摩川原橋にて解散しました。
その後は帰宅ルートですが、リースキンパッチの買い増しをしようと武蔵小山を経由。
しかしハイロードはシャッターが閉まっており・・・
店長さんは休憩で外出中との張り紙が。丁寧に、戻ってこられる時間も示してありましたが
余裕が無かったため、この日はそのまま帰宅しました。


【リースキンパッチ】
この日、初めてリースキンパッチを使ったのですが、これは効果ありますね。
シャーミークリームとは違い、擦れだけでなく衝撃も緩和されるため、
既に股ずれが出来ている現状でも違和感無く走れました。
粘着力については、張った瞬間は「剥がれて来ないのかなぁ」という不安感がありましたが
170km走ったところでは特に問題ありませんでした。
5回くらいまでは再利用できるらしいので、今後しばらく使って様子を見てみるつもりです。

ちなみに今回はシャーミークリームとの併用はしませんでした。
シャーミークリームの殺菌効果も捨て難いので、今後
この2つの併用も考えてみたいと思います。


走行距離:171.03km
獲得標高:1568m
2009.09.24 Thu l ツーリング l コメント (6) トラックバック (0) l top
月・火・水と3日空けて久々の実走、あじさい練の日です。
あまり時間が無いので簡単に。

1本目・・・2:26 79rpm 152bpm シッティングのみでアップ。
2本目・・・2:15 89rpm 161bpm シッティングのみで全力。
3本目・・・2:25 86rpm 166bpm シッティングのみで全力。
4本目・・・2:24 85rpm 164bpm シッティングのみで全力。
<回転と心拍はいずれも平均>

調子は良いと感じましたが、タイムは普段とさほど変わりません。

途中で異音が気になって、4本で終了。
音はBB付近から。インナーでロー側3枚のギアの時
トルクを掛けると「ンゴゴゴゴ」っと音がします。
見た感じでは良く分からなかったので、そのまま帰る事に。

帰り、木曜なので合同練に向かう鶴亀さんとすれ違うはずですが、
それらしき姿が見えません。どうしたのかと思ったら、
今日は仕事疲れでお休みされた様です。お仕事お疲れ様です。

IMG_0593_convert_20090918020924.jpg
丸子橋。寒いかと思いきや意外に暖かく、素晴らしく過ごしやすい朝でした


【異音2点】
夜になって、異音の原因を探します。
ペダリングと同期して音が鳴っていたので、FDとチェーンの干渉か?
と思ったけれど、十分に空きがある模様。
それならば、とチェーンリングのボルトをチェックしたところ、若干緩まっている。
増し締めしたらこの異音は解消しました。
意外に緩むものですね。

ところが、家に自転車をしまう直前にもう一つの異音に気付く。
自転車を押して転がすだけでリヤのハブからゴリゴリ音。ん~~~~
土砂降りの中何度も走ってノーメンテなので、
いい加減グリスが切れたのかな?

ハブのメンテなんて初めてなので、少し調べてからでないと・・。
明後日の連休初日から遠出する予定なので、あまり時間も掛けていられません。
とりあえず明日、近所のショップに持って行って見てもらう事にします。


【クリート調整スペーサー】
ところで、今日はクリート調整スペーサーを噛ませての初走行でした。
かさ上げしたのは右足側に1.5mmでしたが、乗ってすぐに違いが分かりました。
漕ぎ出してサドルに座ろうとすると、今まで中心と感じていたエリアより
やや左に着地するような感じに。これは体が感覚的に各関節の曲がり具合なんかを
覚えているからだと思いますが、数十分乗るうちに座面を中心に戻す事ができました。

肝心のペダリングはと言うと、これまでイマイチ力の入っていなかった右足に
はっきりとした踏み応えを感じることが出来ました。

しかしそれだけではなく、逆に左足がしっくりこなくなりました。
かさ上げしすぎで体が左に寄りすぎているような感じですが、
私の体はそもそもがねじれていると思われるので、
一体何が正しいのか、感覚があてになりません。
とにかく、右足が踏み込めるようになったのは収穫なので、このままのセッティングで
左足も踏み込めるようになるか否か、しばらく試してみることにします。

ちなみに、スペーサーを噛ませる事によるパワーロスのようなものは体感できませんでした。
パワー計でもあれば差が測れるかも知れませんが、あるとしても僅かだと思います。


【股ずれ】
延々と引っ張っている股ずれですが、ようやく進展がありました。
近所の薬局で相談して出してもらった塗り薬が効いているようです。
治りきってはいませんが、腫れは引いてきており、痛みも殆ど感じません。

その前までに試した薬は全然効果無しでした。
もう少し回復したら、ご参考までに薬の写真を張ります。
(と言っても、股ずれ用とかではなく汎用的な傷薬です)
2009.09.18 Fri l 未分類 l コメント (2) トラックバック (0) l top
【今後のレース予定】
先週末あたりから、ようやく龍勢ヒルクライムの受付が始まりましたね。→[R&I]
早速エントリーしておきました。
行った事が無いので、近いうちに試走にも行かないとな~

ちなみに私の今後のレース予定は以下の通りです。

9月
  予定なし

10月
  3(土)日産スタジアムサイクルパークフェスティバル
      →エントリー済み。Boot-legから4名出場予定。
 12(月)日の出町ヒルクライム
      →未エントリー。検討中。 

11月
 15(日)龍勢ヒルクライム
      →エントリー済み。他の参加者は・・?
 29(日)セオサイクルフェスティバル
      →エントリー済み。しにゃさんのレースリハビリに便乗させてもらいました(笑)

12月
 日程不明 東京エンデューロ 
      →白紙状態。前回4人チームで出場したのが私の初レースです。

まずは10/3の日産ですね。3+2時間という長丁場なレース。
今のままだと股ずれは完治しなそうなので、5時間もってくれるかどうか(汗)
Boot-legで列車を作ろうと言う話になっているので、
どこまで回していけるか非常に楽しみです。

しかしこの日は仕事の雲行きが若干怪しくなって来ました・・。
一応拒否宣言は出してあるのですが。


他のレースは正直、まだ何も考えていません(笑)
龍勢ヒルクライムは私の好きな長めのヒルクライムなので、
富士のようにやる気出して練習してみようかな~と思っています。


【クリート調整スペーサー】
本日は練習お休み。
仕事から帰宅後、昨日買ったクリート調整スペーサーを取り付けました。

私は右足が小さいのですが(脚の長さの違いは良く分かりません)そのためか、
左右のセッティングを全く同じにすると、右足が若干ペダルまで遠くなります。

以前の靴ではそれをクリート位置で調整していたのですが、
現在の靴に変えてからクリートがあまり前に出せなくなったため、
左右ともいっぱいいっぱいまで前に出した状態で放置していました。

スペーサーは、先日のうちになるしまフレンドで6個入りを買っており、
昨日追加で買った分が12個。よって計18個あります。
一つが0.5mm厚で、単純に高さを調整したい場合は三つ穴に一つずつ必要です。
なので、18枚だと3mmまで厚みを追加できることになります。
しかし実際何ミリ足すべきなのか?良く分からないので、
まずは1.5mm(=3枚×3つ重ね)から様子を見てみる事にします。

参考までに、取り付け順です。
何か間違えてたら指摘下さい

IMG_0569_convert_20090914235917.jpgIMG_0574_convert_20090915000140.jpgIMG_0577_convert_20090915000230.jpg
クリートを外して         スペーサーを3枚ずつのせて   クリートを再装着して完了

裏表は無い様です。靴底のソールは実際にはカーブしていますが、
弾力があり、カーブに沿って曲がってくれます。
ちなみに靴底の白いラインは、油性マーカーで付けたマーキングです。
元のクリート位置が分からなくなるので。。

取り付けた感じ、見た目は特に不都合が発生しそうには見えません。
若干ネジ穴までの距離が遠くなっているので、
固定力が弱まっているかも知れませんが。

しばらく試した後に、また感想を書きたいと思います。
2009.09.15 Tue l 機材 l コメント (6) トラックバック (0) l top
豪雨の昨夜から明けて日曜日、快晴。
本日はBoot-legの大井埠頭練の日。

IMG_0568_convert_20090914015304.jpg

が、出だしから寝坊!
9:15集合ですが、起床は8:45。流石に間に合わない(泣)
先週に引き続き、redbootさんに遅刻のメールを入れます。ダメすぎる。。。

が、今日はredbootさんも寝坊したとの事。
ともかく行きます、ってことでお電話しつつ走り出すと、
多摩川にさしかかったあたりでしにゃさんからも電話が。
現地には既にしにゃさんとヤン君が集合しているとの事。
(ちなみに自分はredbootさんとの二人練になると思ってました。)
先に走っててくださいーとお伝えし、15号を急いで北上します。


【大井埠頭】
現地到着は9:55。約一時間の遅刻。
みなとがおか埠頭公園には今日も多くのサイクリストが居ます。
しばらく待つと、しにゃさんとヤン君が周回を終えて戻ってきました。
聞くと既に2周走ったとの事。
redbootさんの到着はもう少し先になるだろうとの事で、早速走り出します。

一周目は雑談しながら軽く。
と思ったら、バックストレートでヤン君の引き。
ぐぁ速い・・。50km/h付近の速度。これで大分エンジンがかかりました。

二周目はしばらく前を引かせて貰い、私的には高負荷で。
やせ我慢して走っていたら、陸橋で心拍180オーバー。苦しい・・。

二周終わったところで一旦休憩。その間にredbootさんが合流します。
しばらく雑談し、練習再開。
バックストレートでは毎度スプリント合戦。
陸橋の登りでもたまにヤン君やしにゃさんの仕掛けが入ります。
ヤン君のスプリントも凄いのですが、今日のredbootさんのスプリントは凄かった。
陸橋で先行したヤン君に追いついてましたし。
dogさんも言ってた気がしますが、あのフォームは独特ですね~。

二周は練習的に走り、一周は流し。
遅刻した自分は計五周で約50kmを走り、終了です。
LAST一周以降はしにゃさんとredbootさんのお知り合い、
CTS-Teamのshingoくんとご一緒しつつ。

途中、休憩中のやのまん君(WASA)とすれ違いました。
みんなに続いて自分も手を振りましたが、良く考えたら東京ヒルクライムで
一度会ったきりなので、顔を覚えられていない気がします(笑)

IMG_0565_convert_20090914015200.jpg

しばらく公園で休憩した後、shingo君を含め5人でお昼にする事に。
前にも行った事が有るという、近場のジョナサンへ。
今後のレースの話やら、shingo君の練習話等など。
shingo君は初めてお会いしますが、気さくで楽しい方でした(笑)
でも練習は大変そうだなぁ・・。所属のチーム?では、
定期的に練習記録の提出なんかもやっているそうです。
昼食後もまだ走るとの事で、大井埠頭へ戻って行かれました。

一方、我々Boot-legメンバーは武蔵小山に向かいます。
私が股ずれ対策のリースキンパッチを買いに行くことを伝えると、
皆さんお付き合い下さるとの事で。
行き先は、スポーツバイク・ハイロード
ホームページには、リースキンパッチの使用レポートを初め、
パワーメーターiBike proのレポートもあります。

パッチを買いに行ったにも関わらず、iBikeの説明に
多くの時間を取っていただきました(笑)
私もパワーメータは面白そうだなぁと常々思っているのですが、
redbootさんも興味津々で話を聞いておられました。
私的には、パワーメーターを導入する場合、お値段的にもサポート的にも
iBike proが最有力と考えてます。
後は、どう理由を付けて自分を納得させるか(笑)

ハイロードを出た後、サイクルセキヤにも立ち寄りましたが、
今回はアミノバイタルのみ購入して終了。
帰り方向が違うため、皆さんとはそこでお別れです。その後は中原街道で帰路へ。
途中サイクルキューブでクリート調整スペーサーを調達し、帰宅。

どうも昨日・今日で、股ずれの腫れが大きくなった模様。。
自然治癒に任せていても回復し無そうなので、
なにか塗り薬を買った方がいいかな。


走行距離:88.29km
2009.09.14 Mon l 練習 l コメント (8) トラックバック (0) l top
ようやく週末。
久々の実走は友人宅(松戸)までの往復のみ。

LSDにしたかったけれど、都内を縦断するのでそうも行かず。
結局インターバル的な練習になりました。

昼頃川崎を出たところ、夕方頃松戸から折り返すような塩梅に。
行きは川崎付近で雨がぱらついてましたが、特に支障は無く。
しかし帰りは集中豪雨に見舞われ、靴の中までずぶ濡れに・・(泣)

自転車は拭き掃除で大体良いと思いますが、靴は乾かすのが面倒ですね。
翌日も走ることが決まっているので、丸めた新聞紙を
とっかえひっかえして乾かしました。


走行距離:75.09km
2009.09.14 Mon l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
朝練をやるには少し遅めに目が覚める。
雨は降っていなかったけれど、時間も無いので
予定通りローラーを回す事に。

自転車は昨日のうちに台にセットしておいたので、
あとはハンドル-サドル間に汗受けのタオルをセット。
前回までは普通のタオルを洗濯バサミ3つで留めていましたが、
今回はミノウラの「セーフティネット2」を使用。
この前、何かのついでにamazonで衝動買いしたものです。

【高回転練習】
最近やっていなかった回転練習のみ。ターゲットは120rpm。
おおよそ30分で、メニューはいたってシンプルです。

1. 10分 アップ
2. 20分 回転維持 124rpm 146bpm
3. 20秒 全力回転 148rpm 162bpm
4.  7分 ダウン
<回転と心拍はいずれも平均>

回転を維持している間は心拍がじわじわ上がっていき、
15分くらいで160bpm寸前くらいまで行きます。そしてその後は安定。
回転維持は今後もっと長くしていって、
出来れば1時間は維持出来るようにしたいところです。

うちのローラー台はパワーも出るタイプなのですが、回転維持中は150ワットでした。
高回転とは言え、一番軽いギアなのでパワーは全然出ていませんね。
せっかくパワーが計れるので、パワーベースでの練習もしてみたいのですが、
中間以上のギアを使うと振動と音が酷くなります。
うちはマンションなので、パワー練習をやるなら先に防音対策しないといけません。


【汗受け】
今回使った「セーフティネット2」はなかなか良い感じ!でした。
実は以前にELITEのものも試したのですが、あちらはどうにも取り回しづらく、
速攻でお蔵入りになったのでした。
各々の印象は以下の通りです。

ミノウラ セーフティネット2
  ・最小限の大きさのため、膝に当らない。
  ・ハンドル側の取付け用ベルクロが丁度よい長さ。取り回ししやすい。
ELITE PRO TEC
  ・布部分が若干大きく、膝に当りやすい
  ・ハンドル側のベルクロが長すぎ、張りを調節するのが面倒。
   また、ベルクロの粘着部分が広いため、洗濯時に気を使う。

ということで、総じてミノウラのほうが良いと感じました。
これで洗濯バサミでのタオル設置から開放されそうです。

↓ 参考までに、重ねた状態の図。黒がミノウラ、赤がELITE。形状が結構違います。
IMG_0329_convert_20090909035609.jpg


次は土曜日まで乗れません。
日曜にはredbootさん企画の大井練があるそうなので
そちらに参加させていただいて、土曜は走れるようならLSDにしよう。
2009.09.09 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
休養中と言っても、疲れが溜まっている訳ではありません。
以前に書いた股ずれのせいです。
あじさい練、合同練と高負荷を連発したところで
目に見えて悪化してきたので、しばらく休んで治してしまおうかと。

一応対策用のモノは買ってあり、あじさい練・合同練ともに使ったのですが、
既にかなりの傷になっていたので症状の進行を食い止めるのは無理でした。

IMG_0317_convert_20090908012726.jpg
ASSOSのシャーミークリーム(シャモアクリーム)。
近所のショップで購入。140gで2,730円。

電話で値段を聞いたときは「高っ!」と思いましたが、実物を見てみると
140gというのはかなりボリュームがありますね。

 「お尻や股、ももの部分の皮膚とパッドの擦れの痛みを軽減します。
  ロングライディングやトレーニングの頻度の多い方には特にお薦めです。
  天然成分でべとつきも無く抗菌作用もあります。」

との触れ込み。股ずれの悪化は雑菌のせいも有るそうなので、抗菌効果は有り難いですね。
また、確かにべたつきのような感覚は皆無で、何と言うかスースーして快適です。

まずはあじさい練の朝、患部に軽く塗って出発したのですが、
サドルに腰掛けた途端痛みが。。すぐさま戻り、若干多めに塗ってみました。
すると痛みは殆ど無くなり、ペダリングへの支障も皆無に。
「こりゃー凄い」と思いその日は過ごしたのですが、
翌日の合同練の朝はまたも塗り足りなかったらしく、乗った途端に痛みが。
このとき取って返せば良かったのですが、遅刻ギリギリだったため
そのまま約100kmのライドに出かけてしまいました。

その結果、炎症が拡大(汗)。
さすがにこの状態でロングは無謀と思ったので、
週末も含め、症状が落ち着くまでは乗らないことにしました。

ここまで金・土・日・月と4日間、完全休養。
今週は水木金と乗れない事が分かっているので、
明日(火曜)はあじさい寺で負荷を掛ける予定でした。
患部は若干腫れているものの、傷は塞がっている様なので。

しかし無情にも朝から雨の予報・・・。
多分小雨と思いますが、行き来も結構距離が有るので、
久々にローラー練にする予定です。
2009.09.08 Tue l 機材 l コメント (4) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。