上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
平日の寝不足が祟ったのか、土曜の19時くらいから
朝8時まで布団から離れられない状態に。
夜、redbootさんからメールをいただき、山行きが中止になった事を知る。
天気予報が優れないので大井埠頭にするとの事。
内容を理解したところで、返信もしないまま気絶。気づいたら朝の8時(汗)

遅れます!とメールしたところ、皇居では既に雨が降っているとの事。ありゃ・・。
結局本日は中止となりました。

その後もいまいち倦怠感が無くならなかったが、13時頃になってようやく
鶴見川でも流そうと思い、準備して外に出る。
自転車に跨ったところで、お尻に痛み。イタタ・・・
これは股ずれというやつかな。成木が終わったあたりからやや気になっていたが、
昨日のライドの後半では、かなり痛みが気になっていた。
それが今日は・・これは無理です。乗れません。近所の一区画のみ回って終了。

帰ってからさすってみると、かさぶたみたいになっていた。これじゃローラーも無理だなぁ。
しかし何でここに来て股ずれなのか?
考えられるのは、パッドが合っていないか、靴を変えたことで
ポジションが若干変わった事くらいか。
先週の4時間エンデューロのせいというのも有るけれど、
それより前に症状は出ていたので、トドメくらいにしかなっていないだろう。

そのうち治るだろうけども、次乗るときには対策をせねば。
スポンサーサイト
2009.08.31 Mon l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ようやく週末。
6月以降、まとまった時間が取れる時にはLSDと決めてます。
ノンストップで行くなら多摩川を使えばいいんですが、
どうせならおいしいもの食べたい、ということで江ノ島をターゲットに。

距離を稼ぐために三浦半島を回っていこうか、と思ったけれど
あまり早起きできなかったので直接江ノ島へ向かうことに。

6:45出発。
鶴見川を経由して1号へ。
鶴見川CR
朝の鶴見川CR。平和な風景です。

1号からは藤沢付近まで一本道。
淡々と心拍120近辺で漕ぎます。少々アップダウンもありますが、130は超えないよう
気をつけつつ走ります。一度超えるとなかなか体がLSDに戻らないと聞きますので。
走り始めの為か、すぐに心拍が上がろうとするのでインナーローも使い負荷を落とします。

横浜付近では、横浜市街を避けるためいつも神奈川付近で右折するのですが、
今回は道を間違え、手前の東神奈川で右折してしまいました。
気づかず走っていて、横浜新道に入ろうとしたところでようやく気づき方向修正。
ぼーっとしすぎだ・・。

箱根駅伝でおなじみの権太坂やら戸塚踏切を越えたあたりに有る坂やらも
ひたすら心拍125付近でやり過ごします。かなりのスローペース。
しかし体が覚えたのか、この付近まで来ると心拍が安定してきます。
神経質にメーターを見る必要がなくなるのでこれは楽です。

9:15頃、藤沢近辺に到着。・・・早過ぎる。
今日行くお店は11時頃開店なので、まだ2時間余裕が有ります。
直接南下したら20分も走ればついてしまうだろうし。
少し考え、距離を稼ぐべくそのまま1号を西に向かうことに。
相模川あたりで折り返せば丁度いいかな、とか考えつつ走り出します。
このあたりは全く走ったことが無かったけれど、それほど走りにくくは無かった印象。

結局大磯くらいまで走り、Uターンして134号へ乗り換え。
東に向かって戻ります。
134号 東進
ゆったり車線の134号。レンズに指がかかっとる。。

134号はやっぱり走りやすいですね。
記憶していたよりも若干信号が多い感じがしましたが、
路肩は狭いけど車線の幅はそれなりに有るため安心感があります。
海から吹いてくる風も気持ち良い。
江ノ島付近 陸橋上

江ノ島付近に到着。まだ時間に余裕が有るので小休止。
少し高い場所へ登りたくて、陸橋上へ。
かなり暑いので、海水浴日和ですね。日差しも強い。

少し休んだ後に、目的のお店に向かいます。
腰越付近なので、江ノ島からは少し離れています。
この前仕事仲間に連れて行ってもらったときには並んでいたため、
もし混んでいるようなら開店前から並んでしまおうかと。
腰越駅
腰越駅。写真では見えにくいですが、駅の向こうは車道です。
江ノ電踏み切り
反対側。線路上を人が歩いてますが・・・。

10:45
お店に到着。まだ開店していません。人が並んでいたりもしません。
ならば、と水分を調達に。少し離れた自販機でミックスジュースを買います。
押してから長いこと機械音が止まないので、気になって見てみると
なんと当っていました。正直一本で十分なのですが、「30秒以内に選んでね!」
と書いてあるので、少しあせって大き目のオレンジジュースを選びます。
しまった、スポーツドリンクにしておけばよかった・・。
とりあえず、追加のオレンジジュースはボトルに流し込みます。
1本サービス
自販機で初めて当ったような気がする・・・

11:00
丁度くらいにお店に戻りますが、まだ開いていない。
ホントに11時に開くのかな・・?とやや自信が無くなってきたところで
お店の方が暖簾を持って中から出てきました。ほっ。
かご家外観
「かご家」。やや奥まったところにあります。偶然には行き得ない場所。

満を持してしらす丼を注文。この前はしらすの軍艦も食べて美味しかったのだけれど、
メニューには7貫と有るので、一人で7貫はさすがに無理だろう・・・と思い止めておくことに。
帰り際に聞きましたが、実際には1貫単位でも個別注文できるとの事。
であれば、次回からは2貫くらい個別注文で食べよう。
かご家のしらす丼

専用のたれをかけつつ、いただきます。
うん、やっぱりおいしい。
軍艦巻きだと、より生しらすを味わえるのでオススメです。
あまりお腹がすいていなかったためか初めに来たときほどのインパクトは無かったですが、
それでも十分、食べに来た甲斐がありました。

11時半付近にお店を出ます。
帰路は鎌倉方面を経由することに。さすがに1号でそのまま帰るのは味気無いので。
本当は鵠沼海岸駅付近の「埜庵 (のあん)」という甘味処で
かき氷を食べてみたかったのですが、満腹感ですっかり忘れていました。

江ノ島から鎌倉まではずっと海岸線ですが、ここも景色がよく気持ちよく走れます。
サイクリストもかなり居ますね。サイクルCUBEのジャージも見かけましたが、
練習でここまで来るんですかね・・?

大鳥居
鎌倉駅南の大鳥居

さくっと鎌倉到着。
ここから北上して県道21号で帰ることも出来ますが、信号が多いです。
自分はこちら方面へ来るときはいつも県道21号で海岸線まで出てきていますが、
それは早朝のこと。今日はもう昼ですから、信号だけでなく車の混雑も考えられます。
よって、初めてのルートですが「逗子」 - 「金沢八景」経由で帰ることにしました。

同じ海岸線沿いでも、鎌倉以降は路肩が狭いため少し走りにくくなります。
数分走り、逗子に到着。コンビニで水分を補給します。
日差しがかなり強いので水分の消費も激しいです。一応日焼け止めにスポーツバームの
イエロー4を塗っていますが、それでも肌が焼けるかのような暑さです。

逗子から金沢八景までは、若干の丘を越えるルートになりますが、
ヒルクライムという程では無く、楽に走れます。
案外時間もかからず16号線に合流。合流地点は金沢八景よりやや南、京急田浦です。
そこからはひたすら16号線で北上。このあたりは3~4度走っていますので
迷うことなく横浜まで一直線です。

特に買うものも無かったけれど、休憩を兼ねて横浜のワイズロードへ寄り道。
入り口からフレッタ・BD-1が並んでいます。
一階レジでは店員さんとBD-1オーナーがお話しています。
BD-1はいまだ安定して人気が有るようですね。

特に何も買わず出てきます。あとは1号で鶴見まで帰るのみ。
15号でも帰れますが、信号がやや多い気がして最近はもっぱら1号です。
前はアップダウンを避けていたというのもありますが・・。
近頃は、少々の登り下りは楽しめるようになってきました。ゆっくり走りたいときは
それなりの心拍に抑えれば問題無いですし。

鶴見川でカヌー
帰りの鶴見川ではカヌーが。並走すると15km/hほどの速度でした。
・・・また指が(涙)


鶴見川CRを経由して、15時頃帰着。

思ったより距離は稼げなかったですが、LSDにはなったかな。
たまにはおいしいものを目指して走るのも良いです。

走行距離 122km
2009.08.31 Mon l 練習 l コメント (2) トラックバック (0) l top
ようやく朝練を実施。
長尾台(あじさい寺)で負荷を掛けます。

5:15頃出発。川崎側から1号を経由し多摩川大橋から多摩サイへ。
そこからは110回転くらいをターゲットにペダリング練のつもりで漕ぎます。

練習場所の長尾台までは片道20kmくらい。
朝練で行くにはちょっと遠い気がします。
もっと近くに長めの坂があればなぁ・・。
鶴見付近にも斜度の高い坂は有るんですが、ちょっと低い。
どこでも長尾台の半分くらいです。

6時過ぎに長尾台到着。
時間と相談で、結果的に5本登って終了。

長尾台入り口
知っている人にはおなじみ、スタート地点です

今日は心拍が上がりにくく、到着時点でも160bpm行っていなかったので
1本目はアップ気味で突入。

1本目・・・2:44 81rpm 148bpm シッティングのみでアップ。
2本目・・・2:18 87rpm 158bpm シッティングのみで全力。
3本目・・・2:15 86rpm 164bpm シッティングのみで全力。ギアを1段重く。
4本目・・・2:32 73rpm 161bpm 最後の急坂のみダンシング。
5本目・・・2:31 81rpm 160bpm シッティングのみで全力。
(回転と心拍はいずれも平均)

3本目は初めにスピードに乗せてしまい、それを維持するイメージで。
10%より低い斜度の場合、初めの勢いって大事なのかなと・・。
4本目はタイムアップを図って回転重視のダンシングを取り入れ。
結果はご覧の通りorz 何でこんなにダンシングが遅いのか。
5本目は乳酸たまりまくりで突入。これくらい維持できていれば良い方かな。

以上で終了。また多摩サイまで戻り、帰路に着きます。
ちょっと本数少ないな~。せっかく行ったのであれば8本はやりたい。
それにはもっと早く起きなければいけません。うーん。

稲田中学校北側
多摩サイへの接続地点。「稲田中学校北側」交差点

帰路の多摩サイ、二子玉付近で合同練に向かう鶴亀さんと遭遇。
あちらはBoot-legジャージなので一目で分かります。
対してこちらは東京ヒルクライムジャージでおとなしめの配色。
・・・よく分かったなぁ(笑)
一言二言交わして別れます。今日の練習は、ひょっとしたら2人くらいしか参加しないんでは?
という話でしたが、予想に反しWASAの面々が来られたようで充実した練習になったそうです。
来週は多分自分も行けますので、混ぜてくださいー

帰りは多摩川大橋(1号)をパス。多摩サイで15号まで一気に行きます。
というのも、1号線の川崎付近はかなり走りにくい状態なのです。
路肩は殆ど無いし、車道の舗装も荒く大穴も多数。
車線の幅自体も広くないのでトラックがすれすれを通って行きます。
同じ1号でも都内や鶴見方面はまだマシなのですが。。
行きは車通りがやや少ないので、時間短縮のために1号を使っていますが
帰りはへろへろで集中力が切れていますので、毎度15号で帰ってきています。

7:20頃帰着。
これでなまった体に活を入れるくらいは出来たかな。


走行距離:49.96km
2009.08.28 Fri l 練習 l コメント (2) トラックバック (0) l top
8.24(月) 走行距離ゼロ

仕事は午後から休みだったが、ブログ立ち上げに時間を取られる。
でもレース翌日なので、普通にお休みで良いかなと。
本当は回復走でもすれば良いのですが、ローラーをセットするのも面倒なので。。


8.25(火) 走行距離ゼロ

前日が不規則だったため朝練なし。
前は夜に練習していた時期もあったのですが、
やはり危ないので、基本はやらない事に。
夜に走るとそれはそれで気持ちいいんですけども。


8.26(水) 走行距離ゼロ

朝錬で長尾台(あじさい寺)に行く予定が、寝坊 orz
丸三日空けてしまった・・。


自分の練習ペースですが、週末ロング+平日1~2日が基本で、
週に2日か3日の練習ということになります。
しかし、週2日というのはなんだか少ない気が。。
積極的にパフォーマンスアップを図るなら、やっぱり週3日は走るべきかな。

ということで、明日は何としても早起きして、
あじさい寺へ行かねば。
木曜なので合同練習の日でもありますね。鶴亀さんとすれ違うかな。
自分は仕事に間に合わなくなるので、基本的に参加できません。
勿体無いなぁ・・


和田行き高尾付近
昨年10/5、納車直後のツーリングにて。
2009.08.27 Thu l その他 l コメント (2) トラックバック (0) l top
redbootさん、dog_song_jackさんと茂原ツインサーキットまで行ってきました。
アンカー10周年記念のレースイベント。12:00~16:00の4時間ソロエンデューロです。

【行き~会場内】
川崎に住んでいながら初めてアクアラインに乗りましたが、
空いていればさくっと木更津に着くので快適ですね。
dogさんによれば、料金値下げの為前に比べて大分混んでいるとの事でした。

ひたすら森の中を走り、ほどなく茂原ツインサーキットに到着。
荷物を降ろし、場所を確保します。
修善寺の時とは違い、基本的に屋根の下に陣取る事ができます。
雨の心配はありませんでしたが、日差しはそこそこ強かったのでこれは助かりますね。

dogさんの持ってきてくれたシートを敷き、荷物をばらします。
カラで持ってきたボトルを並べてCCD+ジェルのドリンクを作っていると
抽選会のアナウンスが。抽選といっても、要はジャンケン大会です。

抽選会







ボトル・グローブ・サングラス・折り畳み自転車(!)等色々な景品が用意されていました。
自分はボトルケージの回で勝ち残り。
・・が、受け取り場所まで行くと既に人数分配っていて無いとの事。
当選人数を数え間違えたんでしょうか。
どうしたものかとしばし立ち尽くしましたが、代わりに「これでもいいですか?」
とアヘッドステムを持ってきて下さったので、ありがたく頂きました。

アンカーステム







下がゲットしたステム。上はRFX8 '08の純正

アンカーロゴの有るNITTOのステムで、私の完成車についていたものと同一品と思いますが、
帰ってから比べてみると若干長さが違いました。(+10mmの90mmサイズ)
これはこれでポジション調整に使えそうです。
ちなみに今使っているのはカロイの110mmのもの。
ほか、dogさんはMAVICのボトルをゲットしていました。

抽選会の後は引き続きインタビューなどやっていましたが、
こちらはまだドリンクを作り終えていないので、せっせと
3ボトル分作っていきました。それと水を1本。
そうこうしているうちに午前の部の3時間エンデューロが終わり、午後の部の試走タイムに。

【試走】
コースは上から見た印象で「こじんまり」な感じでしたが(写真が無い・・)、
実際に走ってみてもそう感じました。
自転車で走るコースとしてはかなり狭い部類じゃないでしょうか。
コースは一周 1,200mですが、コーナーがやたら多く、
小さなRで180°ターンする箇所まであります。
ただ、狭い分、走っていても他の状況が見える点は面白いですね。
ほぼ平坦と思っていたのですが、ホームストレートはそこそこの登りになっています。
3~4%の、連光寺のような坂。
シッティングでアウターだと、やや負荷がかかる感じ。

アップを兼ねて走っていましたが、心拍がなかなか上がりません。
結局160拍くらいまでしか上がりませんでしたが、
長いんだしまぁいいやーってことで3周ほどで切り上げました。

ピットに戻り、10数分。ばたばた支度をしていると4時間エンデューロ集合の号令が。
ボトルを3つ積んで出たのはいいですが、
固形食料を積み忘れ、ジェルも半分しか持って行きませんでした。
スタート地点に並んでいるとき積み忘れに気づいたのですが、
後ろは既にぎっしり詰まっており、ピットには戻れず。。
そのままスタートです。

【レース 開始~1時間】
初めの位置取りが悪く、redbootさん・dogさんから数十メートル遅れを取ります。
1~2周目はさすがに団子状態で、なかなか前へ行けません。
コーナーも超スローに進んでいきます。
ホームストレートの坂ではさすがにバラけるので、ここでじりじり出て行き
2周目後半くらいでredbootさん達に追いつきます。
ここからはdogさんの提案で、1周ごとにローテーションしていく事に。
トップ集団に何回か抜かれますが、これなら安定して走れそうかなと感じていました。

そのまま走り続けて12周目(らしい)。
複合コーナーの真っ只中、目の前のdogさんがスリップ!
あわやと言う感じでしたが、どうにか持ち直してコース内のエスケープゾーンへ。
立て直すのがちらっと見えたので、パスしつつ前に出たつもりでした。
しかし半周ほど走って振り返ると・・dogさんが居ない。
あれ?と思いつつ先頭を行くredbootさんにとりあえず合流。
レース後に知ったのですが、これはパンクだったとの事。
なのでピットまで戻り、ホイールごと交換して来たそうです。
そうとは知らず、しばらく「dogさん居ないな~」とキョロキョロしながら走っていました。

redbootさんはやはり風邪の為か、極端にペースが落ちてきていました。
自分はまだ元気でしたので、先に行かせてもらうことに。

この頃、心拍は大体170bpm弱。
ケイデンスも100~105くらいをキープで、まだまだいけいけです。
とはいえ、耐久レースのきつさを肌で感じ始めていました。
あと3時間もあるのか・・。


【レース 1時間~2時間】
しばらく周回を重ねていると、dogさんを発見!
合流してローテションを再開します。
このとき「全然コーナーリングの感覚が違うんですよ~」と言っていたのは
先のパンクによるホイール交換で、チューブラーからクリンチャーに
交換したからですね。後になって意味が分かりました。

ペースは大体同じなのですが、両者コーナーの曲がり方がかなり違います。
特にコース中央の高速U字コーナー。
自分はインベタなのに対し、dogさんは速度を維持したままコースを広く使ってクリア。
どちらがいいかと言えば・・
今回の場合、dogさんの速度維持が正しかったんではと思います。
次のU字カーブまで結構距離が有りましたので。
インベタの場合かなり速度を落としてますから、立ち上がりで出遅れがありました。
速度が出てるとズルッと行きそうで怖かったんですよね・・。列車で走っているのに、
このコーナーだけどかーんとバラけるのがなんだか面白かったです(笑)

おそらく10周くらいはローテして回していたかと思いますが、
途中から交代のタイミングでdogさんが前に出てこなくなりました。
後ろに着いているのは見えたのですが、この時点では自分の方がまだ
上がり調子だったようです。
さらにしばらく走ると半周ほど離れてしまったようなので、一人旅モードに。

一人で走るのはかなりつらい・・。
ホームストレート手前に、残り時間を示した電光掲示板が有るのですが、
これが毎周目に入ってしまいます。一周ごとに2分しか進まないので(当たり前)
かなりの精神的苦痛に。
そのままでは気持ち的にダメになりそうだったので、
変化を求めて集団に着いてみることにしました。
何度もラップされている二位集団らしきものに飛び乗ります。
・・速い速い。速過ぎて着いて行くのがつらい(笑)
一周半ほど頑張ってついて行きましたが、あまりに消耗が激しいので離脱。
あの集団について行くにはまだまだ力が足りません。。

ぜーはー言いながらドリンク補給していると、1本目がカラになりました。
この時点で残り2時間15分くらい。
ボトルは3本積んでいましたが、1本はミネラルウォーターですので
水分補給用のCCDは残り1本と言うことに。節約すれば最後までもつか・・?
と思いましたが、甘かったです(笑)

この頃、心拍は大体165bpm付近。さすがに運動強度が落ちてきています。
しかしケイデンスは概ね100以上をキープ。足は回ります。


【レース 2時間~3時間】
2時間を過ぎるとお尻がかなり痛くなってきました。
自分は普段からシッティングオンリーですが、こういう場合はダンシングもします。
坂にもなっていることですし、ホームストレートでダンシングする事にしました。
このへんからラストまで、ホームストレートは毎回ダンシングです。

先ほどの集団から離れてから、またしばらく一人旅でした。
途中ペースが近い方がおり、ゼッケンの色からすると同じ4時間エンデューロらしい。
「CB」と書かれたチームジャージ。横に並んで声を掛けます。
「4時間ですか?」「ええ」「自分もです」
・・・・・・。
本当は「ペースが近いんで一緒に走りませんか?」って言いたかったんですが
心の準備もせずに話しかけたんで、言葉が続きませんでした orz

そんなこんなで周回をこなしていると、先ほどの2位集団とは別の集団が後ろから来ました。
OLDNEWジャージ、CBジャージ等、チームはバラバラです。
先頭は黄色と赤の結構目立つジャージの方でしたが、チーム名は覚えられませんでした。
速度的にいい感じだったので、これに飛び乗ります。
先頭ローテ等はやっていないようで、後ろのメンバーは淡々と着いて行きます。
自分も最後尾付近で着かせて貰い、おおよそ30分ほどこの集団に乗っていたと思います。

走りのペースが上がったことで、ドリンクの消費サイクルも早くなります。
残量がピンチになって来ました。
節約しながら走りますが、CCDの残りは少ないし、
パフォーマンスは落ちてきているしで何とも苦しい。
だんだん高速コーナーの立ち上がりで遅れるようになります。
気合を入れようとミネラルウォーターを頭から被ります。手足にも少々。
若干息を吹き返しますが、やはりそう何周も持ちません。
自分の前で中切れ気味になり出したので、何とか連結を保ちつつ、
安定したところで後続に前を譲り、集団から離脱。

ここからまた一人旅です。残り1時間。

この頃、心拍は大体160bpm付近。
腰が痛い・足裏が痛い・鼻水ズルズルという状況ですが、足はなんとか回ります。
水分が僅かなのもそうですが、ジェルもほぼ使い切っており、
補給がかなり厳しい状況になってきていました。


【レース 3時間~4時間】
ピットに入るかどうかで葛藤します。
順位は気にしていませんでしたが(というかこの時点ではさっぱり分かりませんでした)、
ピットインすることで心が切れそうな気がしたのと、
ここまで走って来たのでどうにか続けたい、という気持ちがありました。
CCDは残り僅か。水分補給無しでどれくらい走り続けられるのか・・。

あまり給水には使いたくなかったけど、ミネラルウォータも飲もうか、
と思いボトルを手にとって愕然。残り50mlくらいしかありません。
しまった~さっき気合を入れようとして被りすぎた・・・!
うぉー、貴重な水分が。。(アホだー)
だんだん考えるのも面倒になり、ピットインはやめて走り続けることに。

残り40分付近で補給物資が完全に切れます。
ここまで超節約モードで来ているので、既に喉がカラカラです。
水分補給しないことがどれだけ走りに影響するか分かりませんが、
ログで見る限りでは残り1時間はかなりペースが落ちていました。
心拍150bpm付近、ケイデンスは90回転ほど。

実は残り45分付近から、1/3周程前にdogさんを確認していました。
どうにか合流したかったのですが、ペースがほぼ同じらしく
全然距離が縮まりません。というか、若干広がってる・・?
いやはや、たった1kmのコースでも意外に合流できないものですね(笑)

節々の痛みに何度か俯きつつも、「残り30分ー!」「残り15分ー!」「残り5分ー!」
とアナウンスを聞きつつ、ようやく「終了~~!!」の合図が。
丁度計測器を過ぎた直後の終了アナウンスでした。
確かここからの一周もカウントされるはずですので、さらにもう一周走ります。
完全に力尽きていたので、ストレッチしながらのんびりと。
ホームストレートまで戻ってきて計測器をもう一度通過。
そこで完全に力尽き、左足のクリートを外します。
足を着いた瞬間、太もも付近にかなり痛みがあり、バイクごと傾きよろよろと・・。
つったとかそういうのではなく、筋肉疲労のような感じです。
スタッフの方にも「大丈夫ですか?」と声を掛けていただきましたが、
「ダイジョブです」と合図しつつ、ひょこひょこピットへ戻ります。

【レース 終了後】
dogさんから「おつかれでした~!」の声をいただきつつ、
まっすぐ自販機へ。冷たい飲み物が飲みたい・・・。
麦茶とアクエリアスfreestyleの500ccを買い、一気飲み。
渇いた体に麦茶が美味し過ぎる。
そして自販機の横の水道で全身に水を浴び、塩を洗い落とします。

荷物置き場まで戻ると、redbootさんとdogさん。
redbootさんは寝起きのよう。
聞けば、2時間走ったあとは2時間寝ておられたそう。
風邪で走ったのですから、眠くなって当然ですね。お疲れ様でした。
dogさんのパンクはこのとき知りました。パンクと他2回、休憩を取られたそうです。

ピット内ではレース中、途中経過が張り出されていたようです。
お二人に掲示場所を教えてもらいました。
この時点では3時間15分時点の順位が出ており、私は男子4時間ソロでは6位。
「まじっすか」と思いましたが、終盤の走りを考えるに
そのままの順位キープは無理だろうと感じました。

その後の表彰式で順位発表があり、先ほどの掲示物も最終のリザルトに張り替えられました。
最終的な結果は7位!
一桁に入っただけで十分過ぎます。
ちなみに6位の方は、途中で一度声をお掛けしたCBジャージの方でした。
あの時点で結構辛そうにしていたはずですが、最後までペース維持できた様ですね。
周回数は同じで、約30秒の差。結果的に見ると結構惜しい。
ちなみに後ろとは3周差ついていました。

dogさんは14位!ああ、パンクさえなければ・・・。惜しすぎます。

アンカー10th 表彰式







表彰式の様子。写真が暗い~

1位はなるしまの選手だったと思います。白のアームカバー・レッグカバーが特徴的で
何度もラップされました。リザルトでは2位の方と5周差ついていますから
独走状態だったみたいですね。(しかし2位の方は7時間参加だった模様。鉄人です)


【帰り】
自転車をdogさんの車に積み、帰路に着きます。
もと来た森の中を通り、木更津まで。アクアライン手前で渋滞に巻き込まれます。
習志野方面から迂回するか?という話になりましたが、あまりに遠回り過ぎますので
そのままのろのろ運転で行くことに。
混んでいたのは海ほたる付近までで、そこを過ぎたあたりから徐々に緩和され
普通に走れるようになりました。

程なく川崎競馬場そばのファミマに到着。そこで解散となりました。
redbootさんはそこから結構距離がありましたが、無事たどり着かれたとの事でした。
dogさんは横浜方面から高速で帰られるとの事。私より数分先に出られたのですが、
走り出した直後に街中の信号で追いつきました。
こちらは気づいていなかったので、車中から声を掛けられて驚きました(笑)


【総括】
順位は想定外でしたが、走りきれた事による満足感が大きいです。
走る時間に対して、どれだけ補給が必要なのか掴めた点も良かったです。
食料は、ジェルを入れたフラスクが1つと半分でしたが、
意外におなかが減ったりはしませんでした。
もちろん補給の面では、もう一本くらいあったほうがより良かったと思います。

以下反省点

・補給準備を万端に
 今回、補給物資が無くてかなり苦労した訳ですが、
 大会のルールでソロピットと言うのが用意されていました。
 ピット内に補給用物資を置いておけると言うもので、荷物置き場まで行く必要がありません。
 これを使えばこんなに苦労しなくても良かったのに(笑)
 参加要綱で読んでいたにもかかわらず、当日はすっかり忘れていました。
 
 ソロピットを使う前提であれば、4時間の場合でも一度立ち寄るだけで
 補給は十分ですね。カラのボトルを2つ下ろして、1つ積めばOKです。

・補給用の水分は冷たく保つ
 dogさんに氷をいただき、スタート前に一欠片ずつクマボトルに入れたのですが、
 保冷の意味では全然足りませんでした。別に冷たくなくても飲めればよさそうなものですが、
 ドリンクがぬるいと喉の渇きが激しくなり、モチベーションも落ちます。
 次からはドリンク自体を凍らせておくか、半分くらい氷を詰めるぐらい
 した方が良さそうです。

・コーナーリングの見直し
 集団に着いたときに感じましたが、他の選手に比べてコーナーリングでかなり
 ロスがあります。立ち上がりはほぼ全力疾走でした。
 皆さん、速度をのせたまま私よりインを曲がっていくのですが。。
 自転車をもっと傾ければいいんですかね~。どう練習すればいいかよく分かりません。


3ボトル体制







3ボトル体制。サドルにつけたボトルは取りにくく、戻しづらいです。
戻す時はボトルの底の方を持つといいのかも。先を持っていると
なかなか狙いが定まりません。


次の大規模レースは、新横浜で行われる2時間+3時間のエンデューロです。
「日産スタジアムサイクルパークフェスティバル」

今回の経験を糧に、次はもっとチームで動けそうな予感。
大井とかで軽く練習しておくと良いですかね。


今回ご一緒いただいたredbootさん、dogさん、ありがとうございました!
初の長時間耐久レースと言う事で、いい経験になりました。
またよろしくお願いします。
2009.08.25 Tue l 自転車 l コメント (12) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。