上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
カレンダーも一枚進んで既に11月というこの時期ですが、
「Bike-aholic」さんの企画に便乗させていただき
富士スバルラインへ行って来ました!
バイカーからはtodaさん、しにゃさん、りんこさん(@rinkoriekoさん)のお三方。
そこに私の計4名です。

IMG_2607.jpg

写真はtodaさんご提供。
天気は晴天。非常に空気が澄んでいます。
しかし冬晴れの様な感じでもあり、なかなかの寒さでした。
路面的にも寒さ的にもそろそろギリギリの時期みたいですね。

ヒルクライムの中でもMt富士は第一ターゲットにしていますので、
思わぬ試走チャンスにテンションも上がります。


遅刻しないよう、前日は早めに就寝。
4:30に竹橋集合ですが、2時起床で4:00に到着。
めずらしくしにゃさんが寝坊と言うことで、
青山方面でりんこさん(私的にはお初)を拾った後、
池袋方面でしにゃさんを回収するというV字ルート。

しにゃさんには携帯から13回ほどコールを入させて頂きましたw
ぎりぎり回収可能なタイミングで折り返しコールが有ったので、
結果的に間に合って良かったです。
(しかし自転車だけ積んで本人を積まずに走り出すという一幕もw)

富士のふもとには8:00頃到着。
各々自転車をセットアップします。
皇居までのライドでibikeの傾斜が狂いまくっていたので、
バーマウントから外してハンドルバーに直接取り付け直し。
トイレ行っている間に、しにゃさんが換装してくれていました(汗)

下り用の防寒具も整えて、いざ出発。
料金所まではゆるーく登坂。
todaさんが料金を立て替えて下さって、我々はただ通過・・・
という所でペダルを縁石に引っ掛けて立ちゴケ。幸先悪すぎるorz

IMG_2537.jpg


りんこさんは初スバルラインかつ、超久々の実走という事でした。
完走には2時間以上かかるだろうとのtodaさんの読みでしたので、
同時スタートでスバルライン内を使ってアップしつつ、
途中で一旦下ってTTスタートという段取りを踏みました。

15分くらいで徐々に260w付近まで上げて、その後は10分ほどだらだら。
2合目付近で折り返して料金所まで下ります。
皆さんはそのまま登るので見送りつつ。

IMG_2550.jpg

IMG_2552.jpg

改めて料金所からTTスタート。
調子良さそうと思い260wで入りますが、徐々に落ちて行き
2合目付近からは250wも切る始末。
スタートから35分経過した辺りで目に見えて出力が落ち、
最大でも220wで頭打ち、210w平均くらいまで落ち込みます。

IMG_2606.jpg

写真はtodaさんご提供。
大沢駐車場(四合目)付近が一番辛かったかな。
200w付近をウロウロ。出力の振れ幅も大きめで、
ペダリングにムラ有り。

平坦前のキツめの勾配を這う様に登り、
殆ど初期加速も出来ずに平坦区間へなだれ込み。
下ハン持って頑張ったけれど、最高速は37km/h止まり。
最後の坂はやはり勢いで上り切るのは無理で、
座り直して登坂スタイルでクリア。

1:14:45(222w,72rpm,157bpm)

うーむ、進歩が見られん。やっぱりペース配分で失敗してる。
初めを抑え目に行くだけで平均出力があと5wは上げられる気がする。
長いコースなんだから、もっと平均化するように仕向けないと。

今回はテンション高めだった事もあって、
気負いすぎだったんだろうな。
来年の富士は何としても1時間10分切りたいし、
冬場もオフとか言ってないで練習積むべし。

ちなみにうちの年代で入賞するには1時間5分台が必要らしい。
流石にそれはどう頑張っても無理だろう。。

後続のお三方は3~4合目でパスしているので、合流すべく冷えないうちに下ります。
寒すぎてガクブルでしたが、大沢駐車場でしにゃさん・todaさんを発見。
暫く待つとりんこさんも登って来て、全員で一旦休憩。

IMG_2563.jpg

ここは軽食屋が有るんですね。
有名なB級グルメらしい肉巻きおにぎりをパクリ。
あとフランクフルト。

IMG_2562.jpg

休憩後、みんなで五合目までゆるゆると登坂。
最後の坂はどこからダッシュすれば勢いがもつのか?とか試してみましたが、
どこからダッシュしてもダメそうです。斜度がきつすぎて。
普通に登坂モードで登るのみだなー。

IMG_2580.jpg

IMG_2602.jpg

天気がいいので眺めも良し。(写真はtodaさんご提供)
5合目ではみんなで富士山メロンパンを食べました。
初めて買いましたが、凝っててなかなか美味しかったです。
ココアパウダーが粉っぽくむせやすいので初めての方はご注意。

IMG_2585.jpg
IMG_2588.jpg


帰りはがーっと一気に下って終了。
冬用ジャージにウィンドブレーカーだったけれど、それでも寒かった。
インナーも冬用必須です。できれば下も冬用タイツにした方がいいけれど、
そうすると登りが暑すぎるしなぁ。

IMG_2594.jpg

今期のスバルラインアタックはこれにて終了の予定。
来年のMt富士ヒルクライムの前、5月くらいまでお預けかな。
それまではヤビツか大観山で練習成果を都度はかります。

今回は時間が遅めだったので温泉は無しでした。
todaさん、毎度トランスポートありがとうございます!
スポンサーサイト
2010.11.05 Fri l ツーリング l コメント (0) トラックバック (0) l top
初めてジャパンカップを観戦してきました。
宇都宮まで片道自走です。
今回ご一緒したのはしにゃさん、かずいさん、redbootさんです。
(参加表明順)

IMG_2506.jpg

4:00に千住新橋集合。が、寝坊して3:00時に起床。
目覚ましをセットしないで寝てしまった・・・。
ツイートを入れてから急いで出発、真夜中の都心を縦断。

途中、長袖からbootlegジャージに着替えたときに
GOLDWINのフルフィンガーグローブの左を無くすorz
後日ですが、以前片一方を無くした同型のグローブが見つかり、
左右ペアが復活しました。ラッキーなのかどうなのか(汗)

4:30頃に千住新橋の一つ先に有るセブンで合流。
皆様お待たせして申し訳ない!

IMG_2461.jpg

そこからは4人ローテーションでひたすら北上です。
しにゃさんが45km/hで引くので、直後のかずいさんが苦しそう。
というかかずいさん、本調子じゃ無いですね。
前日も前々日もハードに乗ってらした様なので当然と言えば当然ですが、
最重要危険人物がそんな調子と知って少し安心したり・・・(笑)

redbootさんはリハビリ中なので気持ち早めのローテ。
しかし、殆ど乗っていないのにいきなりこのペースで回せるとは、
相変わらずエンジンのかかりが早いですね。

途中、ファミマで最初の休憩。

IMG_2468.jpg

丁度、朝焼けが綺麗なタイミングでした。
地図を見ると、江戸川で言えばまだ関宿手前の緯度。
先は長い。

ひと心地ついて再出発。
みんな冷静になった分、いくらかペースが落ち着く(笑)

このまま最後まで平和に行くかなー、と思いましたが
少し進んだところでかずいさんのリヤ変速不調でストップ。
しにゃさんが調整しますが、再出発しようとしたところで
インナーワイヤーが完全に断線。ありゃー。。

一応フロントは変速するとの事ですが
流石にローテを回すのは無理なので、
かずいさんは栗橋駅からの輪行ルートに変更。
残りの80kmは3人で回していきます。

さらに進んでデイリーヤマザキでも休憩。
ここで補給したコロッケはなかなか美味しかったな~。
しかし惣菜コーナーのあるデイリーは都心には殆ど無いそうで。
今後、郊外に走りに行くときは要チェックですな。

IMG_2464.jpg

途中、しにゃさんの新兵器「O-SYMETRIC」を試させてもらいました。
換装とかではなくバイクごと交換。
楕円のチェーンリングで、ペダルを踏み込むタイミングで
大きな出力が生まれるよう径が設定されているモノ・・・と言えばいいのかな。

これ、ペダリングにコツが要る様で、慣れない自分には凄く違和感有り。
グッと踏み込んでもスカる事が多くて滅茶苦茶消耗しました(汗)
2~3km走っただけでバイクチェンジw
しにゃさんは初めから違和感無かったとのことですが。
なんか・・・今のペダリングに問題有るような気がしてきたぞ。
また今度試させて貰いたいところです。

なにか、上手く回せれば普段のペダリングも無駄が少なくなる気がする。

IMG_2472.jpg

リハビリなredbootさんは途中からローテ抜け。
ここまでは想定内でしたが、なんとしにゃさんが途中でハンガーノック。
これは完全に想定外w
しにゃさんのハンガーノックなんて初めて見たような。
「駄目っす、先行ってください…」とか、
こんな気弱なしにゃさん見たくない!(笑)
手信号から教えてもらった自転車の大先生でありますから。

かく言う自分も引き続けで疲労が溜まってましたので、
ペースを落として35km/h以下の巡航速度に。
この辺で宇都宮の手前20kmくらいの地点だったと思います。

かずいさんからは「着いたよー」のツイート。
こちらも数時間遅れつつ、ゆるゆると宇都宮入り。お待たせしました。
南回りで観戦ポイントの鶴CCへ向かいます。

IMG_2478.jpg

初めは良く分かりませんでしたが、
要は速度の落ちる上り坂で観戦しようと言うことなんですね。
平地だと速過ぎて見えませんので。
写真は本番コースの急コーナーのひとつ、田野町交差点。

IMG_2481.jpg

レースコース内に入り、幾つかアップダウンをこなして
目的の鶴CCに到着。かずいさんと、TMRの方々が迎えてくれました。
お馴染みのigaさんも一緒です。

そしてTMRのボス、きもけんさんと初めてご挨拶。
同じRFX8乗りとして随分前からブログをチェックさせていただいていましたが、
twitterでもフォローさせていただきました。

IMG_2497.jpg
IMG_2493.jpg
IMG_2486.jpg

自転車は一まとめにしてコース脇へ。
しばらく待つと先導のバイク、MAVICカーなんかが通り過ぎて選手が現れます。
こんなに間近でプロの走りを見るのは初めて。
当たり前ですが、急な登りなのに速いっす。
選手の後にはサポートカーがぞろぞろ。

IMG_2498.jpg

選手が通り過ぎた後はコース内に入り放題です。
次の周回で選手が回ってくるときに係員の人が呼びかけて、
またコース上をクリアーにします。

IMG_2488.jpg

出場選手のチーム、名前を選手リストで確認。
私は予備知識殆ど無しなので新城選手くらいしか判別できません。

その後は数時間、ひたすらレース観戦しておりました。
自転車レースの応援というのも独特ですね。
MAVICカー&バイクで毎回盛り上がったりw

しにゃさんとかずいさんは途中で古賀志林道の方面を偵察に。
ブログで写真を見せてもらいましたが、かなりの斜度の様で
あちらでの観戦も面白そうです。
次回は古賀志も行きたいな~。

IMG_2504.jpg

途中、睡眠不足のredbootさんが体調を崩して来たので
暖かいものを、と焼きソバを調達して来たり。
鶴CCも結構寒いですからね・・・じっとしてると。
メイン会場の方は結構暖かいのですが。

IMG_2507.jpg

写真は最終周回の先頭、ガーミンのダニエル・マーティン選手。
なんと後続を引き離しての独走!
こりゃ優勝決まったな~と言うことで、選手の一団を見送って観戦終了。
帰りが混むだろうと言う事で、速攻で帰る準備をば。

IMG_2512.jpg

当初のお約束どおり宇都宮駅で餃子を食べて帰りました。
メインが餃子で、ご飯でいただくという感じ。
6種類盛りみたいなのを注文して、みんなで突っついて食べました。

IMG_2514.jpg

6種と言うことで色々とっかえひっかえ食べますが、
健太餃子(ノーマル)とか韮とか定番ものが美味しかった。
シソはちょっと合わないかな?と個人的に思いましたが
さっぱりしてて良いとの意見も。
全体的に美味しゅうございました。

IMG_2517.jpg

帰りは宇都宮駅から輪行。湘南新宿ラインで一気に新川崎まで。
乗り換え必須だと思っていたので、一本で帰れるとは嬉しい誤算でした。
新川崎を使えば輪行の幅も広がりそうだな~

帰宅して19:00付近。
楽しかった!けど行きが辛かった(汗)
来年は行き帰り輪行でもいいかな。
2010.11.05 Fri l ツーリング l コメント (1) トラックバック (0) l top
redbootさん、しにゃさんと白石峠へ行って来ました。
かなり久々です。
最後に行ったのは今年の5/15(redbootさんのブログより)。

IMG_2210.jpg

七時に北池袋集合で、珍しく一番乗り。
と、着くや否やredbootさんから寝坊のお知らせ。
後を追うので先に出てて下さい~との事。

IMG_2201.jpg

しにゃさんと合流の後、ひとまず秋ヶ瀬公園へ向かいます。
江北橋付近から荒川CRへ入り、休日らしいのんびりライドにて。
幾つかの橋をくぐり彩湖の脇を抜けてさっくり公園に到着。
涼しくてよいよい。

公園でredbootさんを待ちます。
待つ間、ボトル拾いの練習を試してみたりして。
そんなこんなしているうちにredbootさん到着。
一息ついてもらった後、改めて荒川上流方面へ出発~。

荒川CRは結構なペース。ローテーションもくるくる回ります。
ちょっとペースが速すぎるって事で、一般道に出てからは35km/h協定。
まだ行きですからね。。

IMG_2204.jpg

初めの休憩場所、川島のセブンで一息。
朝は涼しかったけれど、10時付近ともなると結構暑い。
水分もきっちり補給です。
と言っても、冷凍アクエリアスを投入するほどではないですが。

周回で有名な物見山を越え、明覚駅を過ぎれば目的地は目の前。
西平のヤマザキで軽く補給をしてから白石TTのスタート地点へ。

IMG_2212.jpg

何本登ろうか?とか恐ろしい話も出ていましたが、
あまり時間に余裕も無いので一本勝負で。
redbootさん、私、しにゃさんの順でスタート。

峠TTのページで確認したところでは
前回は250w付近出ていたらしいので、それを下回らないように努力。
30分弱だから、少々飛ばしすぎても大丈夫なはず。

コースは殆ど覚えていないので、ペースは平均配分かつ
「勝負平」を過ぎたらスパート、くらいの気持ちで。

初めの15分くらいは250w以上をキープ。
けどその後は徐々に下がっていって230w~240wくらい。
ペース落ちるの早いな~。
どうやったらもっとキープ出来るんだろう。

ちなみにこの日は心拍的には余裕有りで、170rpm前後でした。
ペースが落ちるのは脚が終わってるから・・・?
よく分かりません。

勝負平を過ぎたところから心持ちペースアップ。
それにしても、登坂での1kmって意外に長い。
25分台前半とか行けちゃうか?と思ったけれど
ラストの数百メートルがなかなか・・・。
思うようにスピードに乗せられなくてタイムは26分付近。

25分52秒(249w 69rpm 169bpm)
前回5月が
26分57秒(240w 75rpm 169bpm)
だったので1分近くの更新。

よしよし。この調子で縮めて行ければ来年には24分台とか行けるかな?
平日にコツコツやっているローラーもちゃんと効果が出てるみたいだし、
良い傾向。
課題はペース維持の方法かな。

IMG_2222.jpg

峠で一休みした後、今回は天文台までさらに登ってみました。
白石峠には何度か来ていますが、峠から上は初めてです。

IMG_2223.jpg

IMG_2224.jpg

天文台からはなかなかいい眺め!
刈場坂峠からの眺めも良いですが、こちらも中々です。
峠からの距離は大したこと無いので、刈場坂峠まで行くよりお手軽ですね。

IMG_2207.jpg

帰りは再度ヤマザキで補給の後、
同じ道を辿って秋ヶ瀬まで戻りました。
redbootさんがほぼリハビリ状態だったので、
しにゃさんと一緒に公園で少し休んでいくとの事。

自分はまだ都心を縦断しないといけないので
先に離脱させていただきました。
(結局、戸田橋付近で追いつかれたんですが(笑))

帰りの荒川はそこそこの向い風だったのですが、
ここで少し膝に違和感。
無理せず、LSDペースで帰宅しました。

19:00頃帰宅。
白石まで往復しただけなのに230kmと、なかなかのロングライドでした。
今回は寄れなかったけど、次回は途中のわたなべ豆腐とかも寄りたいなー。
2010.09.22 Wed l ツーリング l コメント (0) トラックバック (0) l top
先週に引き続き、todaさん・しにゃさんのツーリングに便乗させてもらいました。
今回は何と乗鞍!
長野まで日帰りとか、車を持たない身としてはなかなか思いつきません。

9673851_599863059_186large.jpg
こちらはtodaさん撮影。ご自身のラバネロフレームのバイクです。

4:00に皇居北側で集合し、首都高から早速高速道路に乗ります。
その後は中央道で一気に長野まで。
松本で高速を下り、西へ西へと進めば
マウンテンサイクリングin乗鞍のスタート地点に到着です。
(すいません、車中ではかなり寝てました・・・)

自分はもっと北の方かと勘違いしていたのですが、
松本ICから東へ行けば美ヶ原、西へ向かえば乗鞍という位置関係なんですね。

IMG_2149.jpg

乗鞍へ向かう最中で既に小雨が降り出していたのですが、
到着するやいなや通り雨に見舞われるなどして
なかなかスタートできず。少々雨宿り。

IMG_2151.jpg

10数分待ったところで雨が上がったので活動再開。
上の写真の位置からもう少し進んだ辺りがスタート地点とのこと。
右手に電信柱が見えてきますのでそれを目安に。

まずは3人でゆるゆるスタート。
私としにゃさんは途中までアップがてら登り、
一度下って再スタートする作戦。
todaさんはそのまま一気に行っちゃうとの事。

スタート地点から暫くは8%平均くらいの斜度だったかな?
それはいいのですが、平坦も含めて結構勾配変化が激しい感じ。
先週のあざみ対策でスプロケが12-27だったので、
いまいちギアが合わせられない場面が何度か。

とりあえずアップなので、2km地点から4km地点くらいまで
がーっと上げて終了。
温まり切ってない気もするけれど、初登坂なので
序盤から徐々に上げていけばいいかーと思いUターン。
しにゃさんを待って一度降ります。
todaさんは予定通りそのままヒルクラ継続です。

スタート地点まで降りて再スタート。
しにゃさんはイメージが固まっていないらしく
「お先にどうぞ」って感じだったので私が先行。

どれくらい出せるかな?と試しながら登り始めたところ、
240w~250w付近で安定。
少し高すぎる気もしたけれど、直前3日間が完全休養だったので
これで行けるのかも?と思いつつ登坂。

アップでも感じたとおり、やはり勾配変化が多めで
ギアチェンジの頻度が高目。
速度変化の大きいコースは苦手です。ヤビツも同様。

IMG_2176.jpg

出力を維持したまま、視界の開ける三本滝へ到着。
おおよそ7kmの地点ですが、既に消耗しまくり。
20km級の登坂だという事をすっかり失念していました。
やっぱり250w付近は出しすぎだったか。。
見上げればこれから登らなければならない九十九折地帯。
うおー。上り切れるのかも怪しくなってきたぞ。

ここから先は少し勾配がきつくなり、
10%以上の斜度もちらほら。
個人的禁じ手のダンシングも少々使いつつ。
出力はみるみる下がっていき210w~220wへ。
九十九折になってコース後方も見えるようになったので、
何度か振り返ってみると途中にしにゃさんを発見。
スタートより距離が詰っているはずなので、こちらとほぼ同じか
それ以上のペースと思われます。
自分と同様、オーバーペースなんでは?と思いつつ。

この先はあまり書くことが無いです。とにかく長い・・・。
同じ20km級でも、コースを知っているスバルラインの方が
数倍楽に感じます。

途中何度か雨にも降られつつ、ようやく頂上らしき雰囲気の開けた場所へ。
と同時に凄い霧。
この辺りで既に1時間10分くらい経過してます。
目標タイム何分だったっけ。。
確かスバルラインよりマイナス5分で1時間10分以内とか言ってたような。
余裕でオーバーしております。

ここからゴールまでがまた長くて、よろよろと180wくらいで登坂。
もうボロボロ(笑)
途中、todaさんが様子を見に降りて来て下さっていて、
霧の中、ゴールまでの先導付き。
しかし先導車にも追い付けないほどへろへろ。。

9673851_599863056_142large.jpg

写真の辺りでやっとこゴール。(こちらの写真もtodaさんご提供)
これ、もうちょっと先に進むと峠の突風でやられますw

タイムは1:17:57(212w)。
やれやれ。スバルラインより遅いぞ。

IMG_2156.jpg

IMG_2160.jpg

峠付近は風が凄くて、壁に張り付いて耐える感じ。
それでもかなり寒いのでガクブル。

待つこと数分、しにゃさんも到着です。

IMG_2163.jpg

峠の看板はこんな感じ。
この先に小屋とか池とか有るそうですが、
風が強すぎてとても行く気になれず。
そのまま下山です。

IMG_2235.jpg

しにゃさん撮影。突風でよろける私w

9673851_599863051_91large.jpg

todaさん撮影。
自分はウィンドブレーカーしか持って行かなかったのですが、失敗した。。
todaさん、しにゃさんはしっかり防寒装備完備。
下り始めはかなり寒かったです。

IMG_2184.jpg

IMG_2172.jpg

9673851_599863025_127large.jpg

峠はそんな調子でしたが、有る程度下ったところからは
晴れ間が見えてきて、素晴らしい眺め!

眼下には曲がりくねるヒルクラコース。
深緑の山と、青い空・白い雲ですよ。
写真で伝わらないのが残念。
この下りの時間が一番楽しかったです。

9673851_599863014_9large.jpg

途中、寒すぎて手の感覚がマヒしていたため、コーヒー休憩を所望。
では一休みしようという事になり、位ヶ原山荘なる小屋で一服しました。
ホットココアで温まります。
こちらの写真もtodaさんご提供。

9673851_599863000_12large.jpg

下り切って振り返れば、やはり山の上は雲が掛かっています。
途中、何人か登る人とすれ違いましたが
上はやはり大荒れだったんでしょうね。

IMG_2195.jpg

例の如く近場の温泉につかり、速攻で退散。
todaさんの運転で皇居北までトンボ返りです。

高速はやはり大月-八王子間が渋滞しますね。
ここさえ無ければかなりスムーズなんですが。

今回もtodaさん、行き帰りの運転お疲れ様でした!
乗せていただきありがとうございます。
2010.09.15 Wed l ツーリング l コメント (0) トラックバック (0) l top
9月に入っても猛暑は留まるところを知らず。
週末のライド(実走)も自重せよって風潮です。

そんな折、週末車であざみに行くよーっという呟きが
「Bike-aholic」さんからありまして、便乗させて貰いました。
初挑戦からまだ一週間ですが、早速のリベンジ。

参加者は、車を出して下さっているtodaさん(@toda_pipi)、
しにゃさん(@buchi_buchi)、のりさんのお三方。
皆さん「Bike-aholic」で活動されています。
しにゃさんはBoot-legでもおなじみ。

IMG_1865.jpg

4:30に新宿集合。早朝っていうか夜中です。
渋滞を避けるため、いつも早め早めの出発らしいです。

川崎からの時間が読めなかったのですが、深夜だし
黄色点滅とかで信号ストップも少ないだろう・・・と思ったのが間違い。
黄色点滅なんて全然無くて、普段どおりのペース。
品川通過時点で4:00付近だったので皇居~四ツ谷付近は全力疾走。
久々に単独で40km/h巡航とかしましたよ。

なんとか2分前に現地到着。
自転車を積んでいただき、目の前のコンビニで買い込みをしていざ出発。
ちなみにtodaさんのハイエースはチームカーにも負けないような
ウルトラ輪行(?)仕様。5人5台積載可能。
自転車も前輪を外すだけで乗せられるという素晴らしさ。
ああ・・・いつかこんな車を持てるようになりたい。。

IMG_1849.jpg

下道で調布まで向かい、コンビニでのりさんをピックアップ。
その後は中央道経由で一気に山中湖まで。
まだ日は昇りかけという感じ。

IMG_1850.jpg

湖畔の駐車場に駐車して自転車を展開。
この時点でまだ6:30です。

撮り忘れましたが、山中湖の湖畔を多数の自転車乗りが集団走行していました。
みなさん同じベストを着用。後で看板を見たら「Mt.FUJIエコサイクリング」だそうで。
富士山を一周するイベントのようですね。小径車なんかも混じっていました。

先週と同じく、山中湖の南から籠坂峠へ。
本日はここがアップポイントとの事ですが、
アップするにはちょっと短かすぎるかも。
自分は既に新宿までのライドで一定のアップが終わっているので、
坂の初めから一気に上げて行き心拍170台まで。

長めの下りをこなしてセブンで水分補給。
そして、またまたやって来ました富士あざみライン入口。

IMG_1854.jpg

今回はtodaさん、のりさん、しにゃさん、私の順でスタートです。
しにゃさんは前回足つきだったと言うことで、私がしんがり。
BCAAを飲んだりしていたので、2分ほど間を空けてのスタートだったかな。

なんと言うか、みんな普通にあざみを登りに来ているので
先週のような妙なプレッシャーはありませんでした。
普通の峠と同じ気構えで。

全然関係ないですが、先週・今週とも漕ぎ出しのふらつきで
スタート直後の左の側溝に嵌まりそうになりました。
大人がすっぽり入るくらいの深さなので落ちるとただでは済みません。
ご注意を。(誰もこんなところで嵌まらないか?)

7:10スタート。

今回はタイム更新する気満々なので、メーターを見ながら
先週よりも高目のワット数キープを目指します。
初めの直線部分ではりきって250wを目標に回し初めますが、
2kmも進まないうちにこのペースじゃもたないと判断。
ラインを240w以上に下方修正しました。
これでも先週よりはまだ10wほど高いです。

それにしても、直線部分では誰の背中も見えてこない。
ちょっと間空けすぎか・・・?

3km付近、先週は気づかなかった鳥の壁画を右手に確認。
ここから左にカーブしてつづら折りが始まるんですね。
今日は比較的冷静にコースを観察。

前半のつづら折りはコースの中でも勾配が緩やかな部類なので
ここも引き続き240wキープです。
前半6つほどのコーナーを超えたあたりでのりさんを発見。
じりじりと差を詰め、つづら折り地帯後半で捉えました。
声をかけつつパス。それほど追い込んでいる感じではなさそう。
こちらはぜーはー。

お楽しみのつづら折り地帯を抜け、地獄の入口、馬返しへ。
馬返しにさしかかったところで時計を確認すると25分台。
このときは分かりませんでしたが、帰ってから先週のタイムをチェックしたところ
29分付近だったので、この時点で4分ほど早い計算に。

先週・今週と2回来てはっきり分かったけれど。
馬返しの直後もきついけど、本当にキツいポイントはもう少し先に有ります。
コーナーを10個ほど終えたあたりから急斜度の続くポイントが始まります。
いや、馬返しの直後も斜度的には同じくらいの筈なんですが、
あちらは比較的すぐに終わります。
スタートから数えると7km~8km地点に当たる、ほぼ1kmの区間。
ここできつめの斜度がえんえん続くので、極端に負荷が上がります。
逆に、これ以外の区間は普通のヒルクラのように登れるとも言える、かも。
(軽めのギアが有れば。)

この激坂区間でtodaさんを捉えます。
視界に捉えてから3コーナーくらいでなんとかパス。
流石に私と同じくらいのぜーはーっぷりです。
一番苦しい区間ですからね。。
もう少し先にはしにゃさんも見えます。

この区間、スピードがかなり落ちるので前後の距離がかなり詰まります。
おかげでこの距離ならすぐ追いつけるんじゃ・・・?とか錯覚してしまうw

ここからしにゃさんとの追いかけっこ勃発。
先程まで追いつきそうなペースで走っていたしにゃさんでしたが、
こちらの存在に気づいてから明らかにペースアップ。
振り向きつつ距離を確認されているので完全に意識されている。
むぅ。こんな展開滅多に無いので、闘志に火がつきましたw

何度か座り直して踏む、踏む。
追いかけているうちに激坂区間も終わり、
平坦・・・とは言いませんが8~10%付近まで斜度が落ちてきます。
すると見た目の差がドバッと開く。
大体400~500mくらいの差かな?あせって追います。
途中、コーナーに入るところまでは背中が見えているのに
コーナーをクリアすると居なくなっていたりするという面白現象が(笑)
あとで聞いたところではそこまでペース変化は無かったとの事なので
単純に勾配によるものと思いますが。

苦しいながらもモチベーションは高く保てたので、
ゴールまでへたることなく出し切れました。
しにゃさんには結局追いつけず。
逃げ切られた~

IMG_1863.jpg

IMG_1859.jpg

タイムは  1:00:34。(229w)
先週のが 1:07:32。(201w)

先週より7分ほど縮まりました、素晴らしい!
230wと言うと、ローラーでのFTP値と同値ですから
ほぼ自分のベストを出し切った事になります。

ちなみに、タイム更新できました!とtwitterでカズさんに喜んで報告したところ
翌日にあっさり抜かれました orz
自走で 59:54ですと。。。
もはや1時間切らないと勝負になりませんか、そうですか。
現実問題、自分はもうちょいベースをアップしないと1時間切れ無そうです。。

IMG_1861.jpg

todaさん・のりさんも到着されて、4人でややまったり。

この日も雲が多くて眺めはいまいち。
というか、あざみの五合目はスバルラインと違い
丁度雲と同じくらいの高度なんですね。
スバルラインの方は途中が靄がかっていても、
五合目は雲の上まで抜ける感じですが。

ひとしきり休んでダウンヒル。
2度目なので特に危なげも無く。
先週も感じましたが、基本的に路面は綺麗なので
スピードさえ出過ぎなければ危険は少ないかと。

IMG_1871.jpg

下り切って、また籠坂を越えます。
しにゃさんがやたら元気で飛ばしまくるので、
途中まで追走していたのですが
だんだん暑くなってきて汗が目に入りブレーキ。
あざみでバンダナが汗まみれになったので外していたのでした。。

IMG_1873.jpg

IMG_1879.jpg

程なく山中湖に到着。
その後、「石割の湯」で温泉を堪能してから帰還しました。
11時の開店と同時に入ったので、本当に早め早めの行程です。

IMG_1886.jpg

「石割の湯」を出て直ぐのローソンは
ブルベのチェックポイントになっていました。
ロード乗りが次々と現れます。

エコサイクリングと言い、あちこちで
自転車イベントが開催されてますねぇ。

IMG_1891.jpg

帰りも高速を使い、皇居で解散。
行きも帰りも、todaさん運転ありがとうございました!

皇居は丁度パレスサイクリングの時間帯だったので、
車道のど真ん中を使いつつゆるーりと南下。

それにしても、都心はまだまだ暑い。
川崎までの20kmちょっとで脱水になりかけました。
この暑さはどうにかならないかなぁ~
今後、毎年こんな感じなんだろうか。
2010.09.05 Sun l ツーリング l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。